入園料0円で遊べる、横浜の「野毛山動物園」をご存知でしょうか?
 
開園から63年と長い歴史を持ち、みなとみらいを一望できる高台にある野毛山動物園。横浜市民にとっては、幼稚園や小学校の遠足で訪れるおなじみの場所。
 
ただ動物を眺めるだけではなく、「誰もが気軽に訪れ、憩い、癒される動物園。小さな子どもが初めて動物に出会い、ふれあい、命を感じる動物園」をコンセプトに、園内にあるなかよし広場では、モルモットやハツカネズミ、ヒヨコなどの小動物にふれ、動物のぬくもりを実感することができます。

この公園の一番の魅力は、無料とは思えないほどの豊かな動物たち。野毛山動物園には100種類以上の動物が飼育されています。

インドクジャク

出典 http://www2.hama-zoo.org

出典 http://www2.hama-zoo.org

園内をふらふらとお散歩しているインドクジャク。放し飼い状態なので、接近して写真を撮ることができます。白いクジャクはかなりのフォトジェニック。

キリン

出典 http://www2.hama-zoo.org

いつも仲良しな2頭のキリンは野毛山動物園の人気者。

マントヒヒ

出典 http://www2.hama-zoo.org

オスの肩の長い毛がマントをはおっているように見えることからマントヒヒと名付けられました。

アムールトラ

出典 http://www2.nogeyama-zoo.org

こちらはネコ科の動物の中で最大の大きさを誇るアムールトラ。絶滅危惧種にも指定されている貴重なトラです。

レッサーパンダ

出典 http://www2.hama-zoo.org

野毛山動物園のアイドル、レッサーパンダ。入り口からすぐのところにいるのですが、人気者でいつも人だかりができています。

ツキノワグマ

出典 http://www2.hama-zoo.org

こちらは胸に半月型の模様があるツキノワグマ。意外かもしれませんが、神奈川県にも野生種が生息しています。

フンボルトペンギン

出典 http://www2.hama-zoo.org

水槽にはみなとみらいを型どった造形物があり、野毛山動物園の名物撮影スポットになっています。

ふれあい広場の動物たち

モルモット、ハツカネズミ、ヒヨコなど、小動物とのふれあいが体験できるスペース。利用時間が決まっているので、あらかじめ確認をしておいたほうがいいでしょう。土日祝日の混雑時は入れ替え制になることもあります。

さまざまな周辺施設

出典 http://www2.nogeyama-zoo.org

自然を楽しめる散策地区や横浜の景色を見渡せる展望地区など、野毛山動物園がある野毛山公園には、ざまざまな施設があります。これからの季節、お弁当を持ってピクニックもおすすめ。
 
野毛山動物園の近くにはみなとみらいや中華街などたくさんの観光地がありますから、デートコースのひとつや休日家族で出かける遊び場として利用できます。まだ訪れたことのない方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス