「One Heart Wedding」をサービスコンセプトに、ブライダルプロデュースを手掛けるテイクアンドギヴ・ニーズ。同社の公式YouTubeチャンネルで紹介されている、実際に生まれた感動のストーリーをご紹介します。

出典 YouTube

幼い頃に父親を亡くした新郎は、女手一つで苦労しながら育ててくれた母親に心から感謝していました。

そんな母親の宝物は、父親が亡くなった日に当時4歳だった新郎から渡された手紙でした。「あの手紙が心の支えになり、どんなに辛く苦しいことがあっても今日まで頑張ってこれたんです」そう母親は話しています。

披露宴の最後に、母親は長い間大切にしていたその手紙を読み上げました。当時の新郎のシンプルで前向きなメッセージに22年分の想いが溢れ、思わず涙する母親。それは、新郎が初めて見る母親の涙でした。

おかあさん ありがとう
いつもありがとう
とうさんしんだけど
かあさんがいるから
ぼくはげんきだよ

出典 https://www.youtube.com

やはり結婚はいいものですね。

「結婚の前に、まずは恋人探しから!」という方はぜひこちらをご利用ください♪運命のパートナーに出会えるかも?

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス