フィルムカメラが衰退するとともに、デジタルカメラやスマートフォンが普及し、誰でも気軽に写真を撮影できるようになりました。
 
確かに、フィルムカメラを使った撮影は、手間とお金だけではなく、専門的な知識と技術が必要です。しかし、アナログでしか再現できない質感や魅力があるのも事実ですよね?
 
そこで今回は、紙焼きというアナログな手法にこだわり続けるフォトグラファー・Trish Woodfordさんの作品を紹介します。
 
Trish Woodfordさんはポートレートや結婚式の写真をメインに撮影しているのですが、独創的な芸術写真を撮影することでも知られています。
 
これらの写真は水中をテーマに、水と光の中を漂う女性を撮影したものですが、その神秘な美しさに「もしも妖精がいたら、こんな感じなのかな?」と見入ってしまいますね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス