今回ご紹介するのは、テレビ東京の公式YouTubeチャンネルで紹介されている、小学5年生の担任をしている先生と、そのクラスの一人の少年の関係を描いた実話です。

出典 https://www.youtube.com

先生のクラスには、いつも遅刻をして、授業にも全く興味を示さない生徒がいました。彼の名は竹山君。

出典 https://www.youtube.com

そんな彼に対して、先生は中間記録に悪いところばかりを記入するようになっていました。

出典 https://www.youtube.com

しかし1年生の時の記録を見ると、そこには「朗らかで、友達が好きで、人にも親切」と、今の竹山君とは正反対のことばかりが並んでいました。

おかしい、これは間違いだ」そう思う先生でしたが、2年生以降の記録を見て、その理由が分かりました。

出典 https://www.youtube.com

そこには母親が病気で看病しなくてはいけなくなったこと。そして母親が亡くなり、希望を失ったこと。

出典 https://www.youtube.com

父親に暴力を振るわれていることが書かれていました。ダメだと決めつけていた彼は悲しみのなかを生き抜いていたのです。

出典 https://www.youtube.com

先生は、竹山君の悲しみを受け止め、放課後に勉強を教えることにしました。

出典 https://www.youtube.com

それから彼は先生のもとを訪れ、毎日毎日、予習復習を熱心に続けました。

出典 https://www.youtube.com

勉強を続けるうちに、閉ざしていた心も解け、竹山君は笑顔を覗かせるようになります。

出典 https://www.youtube.com

竹山君の心の変化は授業中にもあらわれ、今まで興味を示さなかった授業にも積極的に参加するようになります。

こうして1年間、先生は竹山君を見守り続けますが、6年生に進級すると先生は竹山君の担任ではなくなってしまいます。そんなある日、先生のもとに1枚のカードが届きました。

先生は僕のお母さんのようです

出典 https://www.youtube.com

そして、今まで出会った中で一番すばらしい先生でした。

こうして竹山君は小学校を卒業していきました。しかし2人の関係はこれで終わりません。

6年後、また1枚のカードが届きます

出典 https://www.youtube.com

出典 https://www.youtube.com

竹山君は小学校を卒業してからも勉強を熱心に続け、なんと医学部に進学するまでになっていたのです。

さらに10年後、1通の手紙が届きます

出典 https://www.youtube.com

出典 https://www.youtube.com

その手紙には命を救う医者の仕事へのやりがいや、父親からの暴力で傷ついた時に救ってくれたことへの感謝が綴られていました。

そして翌年、最後の手紙が届きました

出典 https://www.youtube.com

担任を受け持ってから実に18年の歳月が流れたある日、1通の手紙が先生のもとに届きます。それは結婚式の招待状でした。

そしてその招待状には、あるメッセージが添えられていました。

感動のメッセージはこちら

出典 YouTube

昨今では、モンスターペアレントや体罰教師など、学校を取り巻く環境は厳しくなっています。しかし、生徒に真剣に向き合って、正しい方向へ導いてくれる立派な先生も沢山います。

生徒の心を開き、可能性を広げてくれるこのような先生が今の学校教育に必要なのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス