出典井上公造芸能

タレント・テリー伊藤(64)が15日、日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)で、きのう14日に会見した山本景大阪府議(34)について言及した。

山本府議は、スマートフォン向け無料通話アプリ「LINE」で女子中学生らに威圧的なメッセージを送ったとして、大阪維新の会・大阪府議団からの除団処分が決まった。

山本府議について、テリーは11日放送の同番組で、「コイツ、キモいもん」などと発言。これについて、山本府議は「発言は名誉毀損(きそん)にあたる」として、放送倫理・番組向上機構(BPO)に人権侵害を申し立て、14日の会見でも「人格をすべて否定するような発言を、公共の電波を使って全国に発信するようなことが許されていいのか」「機会があればなぜ『キモい』と言ったのか聞いてみたい」などと話していた。

15日の番組では、山本府議の会見のVTRを紹介した後、司会の極楽とんぼ・加藤浩次(45)が、「テリーさん、いかがですか?」と水を向けると、テリーは「あんまり答えたくないですね。あんまり答えると、また山本議員に怒られるような感じがするんだよね。同じ土俵に上がっても、なんか実りがない気がちょっとします」と苦笑い。

そのうえで、「ただ、彼も議員という公職ですよね。僕もテレビでしゃべらせてもらっているという、同じような立場だと思うんですけれど、僕はとやかく言われようが覚悟のうえでしゃべってるんですよね。やっぱり公職でいる人ってのは、そういう覚悟でいていいんじゃないかと私は思いますけどね」と語った。

「キモい」という発言の真意を、「全人格ではなく、LINEで大人げなく彼が言ったことに関しては、そういう風に感じますね」と明かした。

(記事提供/井上公造芸能)

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス