出典ja.wallpaperpics.net

バイオリニストと聞くと、多くの人が、タキシードやドレスを着て、落ち着いた様子で、華麗な音色を奏でる姿を想像をすると思います。今回紹介するリンジー・スターリングさんは、そのようなバイオリニストのイメージとはかけ離れた個性派のプロバイオリニストです。

彼女の特徴は何といっても、その演奏テクニックもさることながら、クラシックだけに止まらない幅広い演奏ジャンルと、バイオリンを弾きながら披露するダイナミックな「ダンスパフォーマンス」です。

出典jp.forwallpaper.com

父親の影響で5歳頃からクラシック音楽を聴くようになった彼女は、12歳で本格的にバイオリンの個人レッスンを受け始めます。その後16歳で今度はロックに目覚め、友人のロックバンドに参加。その中で興味を持ったダンスミュージックをもとに、バイオリン演奏にダンスステップを取り入れ始めたのが、今の踊りながら弾くスタイルのきっかけになったといいます。

多様な音楽に触れる事で生まれた、クラシック音楽×最新のエレクトロニック音楽という独特のスタイルは「バイオリン・エレクトロニック・ダブステップ」と呼ばれ、そこに彼女の愛するダンスを掛け合わせることで、唯一無二の演奏パフォーマンスとなっています。

出典www.wikifeet.com

彼女の動画がYouTubeに公開されると、その独特な演奏スタイルはたちまち話題となり、デビュー前にも関わらず、大注目を浴びました。そして視聴者数は延べ250万人を超え、動画の総再生回数は3億5千万回を超える驚異的な数字を記録しました。

そしてデビューした後もますます人気を集める彼女は、2ndアルバムで『全米2位』という華々しい実績を残し、活躍を続けています。

出典www.summersonic.com

アメリカだけでなく国外でも注目されている彼女は、日本でも多くの人気を集め、2013年にはあのサマーソニックにも出演を決め、初来日を果たしています。

そんな国内外で大注目の「踊るバイオリニスト」リンジースターリングの新感覚パフォーマンスをご覧ください。

出典 YouTube

バイオリンに興味のなかった人でも、思わず見入ってしまうような彼女のパフォーマンス。クラシックの新しい世界を突き進む彼女に今後も期待です。

彼女の公式サイトでは、他のミュージックビデオも随時公開されているので、彼女の事が気になった人は是非チェックしてみてください。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス