記事提供:Conobie

子どものお世話をしながらだとあっという間にすぎる1日。

けど夫だって仕事で忙しい1日を過ごしている。そんな中、忘れられがちなメール返信を促す方法を考えたのですが―。

「催促している感はでないけど、インパクトはある催促メール」…を考え、娘(6ヶ月)のドアップ写真とともに「お父さん、今日はご飯いるの?」と、さも娘がしゃべっているかのような文面でメールを送ってみたら…、

即レス!!釣れたーっ!!と思ったものの、返信は、写真への賛辞だけ!

魚だと思って引きあげたら、長靴が引っかかっていた釣り人の気持ちです!(笑)

しかし、すかさず「質問への返事がないぞー!(笑)」とツッコんだら、ちゃんと返信がありました。

権利侵害申告はこちら