記事提供:日刊大衆

10月28日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に、アイドルの黒田絢子(25)が、妹でグラビアアイドルの天木じゅん(22)と出演。妹に便乗していることを明かし、MCの有吉弘行(43)から苦言を呈されていた。

この日の番組では、大きなバストを持つ“二次元ボディ”で注目を集めている天木とともに登場した黒田が、売れたいがために妹を利用してることを反省した。

番組の説明によると、ライブを中心に活動している黒田は、自身のブログで「グラビアアイドルやってる天木じゅんは実の妹でございます」と突如カミングアウトしてからというもの、妹とのツーショット写真をSNSに投稿しまくっているという。

まず、黒田が「地上波初めての姉妹共演なんです!」とアピールすると、有吉は同番組初出演の洗礼とばかりに、「ありがたみがゼロ。どうでもいいのよ」と一刀両断。

続いて、「今日も妹に便乗させてもらって、(番組に)出させてもらいました」という黒田に、有吉は「便乗するほど、(天木は)すごくもなんともない」とダメ押しして、スタジオの笑いを誘った。

そして、有吉から「影響は良くなってるってこと?妹と一緒にやって」と質問された黒田が「今、有村架純さん(24)とか、広瀬すずさん(19)とか“姉妹ブーム”が来てるんで、私たちもどうですかね?」と期待を膨らませると、あまりの高望みに、お笑い芸人のバカリズム(41)やオアシズの大久保佳代子(46)は思わず表情をこわばらせていた。

そんな中、博多華丸・大吉の大吉(46)は「実際、天木さんのグラビアとか、よく見るんです。めちゃめちゃ、そのグラビアはかわいいんですよ。でも会うと、こうじゃないですか」と、まるでブスだと言わんばかりに、写真と実物とのギャップを指摘した。

さらに、大吉が「この番組の照明がおかしいのかな?」「このスタジオに関して言うと超ブスだよ」と続け、バカリズムも「静止画向きなんじゃないですかね」と手厳しい感想を述べると、天木は「それはだいぶ前から思っていました。動いちゃダメなんだなって」と苦笑い。

そのやりとりを横で見ていた有吉は「動くとひどいよ」と追い打ちをかけ、共演者を爆笑させていた。

「イジられまくっていた黒田と天木でしたが、バラエティ番組としては、これは十分にありでしょう。異色の姉妹タレントとして、バラエティ番組を中心に出演の機会が増えるかもしれませんね」(芸能誌記者)

――姉妹ブームの波に乗れるか!?

権利侵害申告はこちら