出典 https://www.amazon.co.jp

『スーパー大麦ダイエットレシピ』(著:庄司いずみ、監修:青江誠一郎/永岡書店)

年注目を集める“スーパー大麦”の食べ方を提案するレシピ本『スーパー大麦ダイエットレシピ』が、2017年11月10日(金)に発売される。

2016年12月にYahoo!検索大賞の加工食品部門で大賞を受賞した「スーパー大麦グラノーラ」。原材料の“スーパー大麦バーリーマックス”はオーストラリアで開発された機能性大麦で、有用菌のエサになる多種多様な食物繊維を豊富に含む。

そのため、腸内細菌を大腸の奥から活性化させるとして、大手食品メーカーやコンビニチェーンで商品化が進むなど、いま注目を集めている。

同書は、著者・庄司いずみが考案した家庭向けスーパー大麦レシピを中心とする97品のレシピを掲載した1冊。

“主食置き換えダイエット”をテーマに、朝食・昼食・夕食といったシーン別のレシピや作り置きレシピなど、毎日の献立に生かせる情報が盛りだくさん。

また、食べてやせるダイエットに成功した人気女性芸人・やしろ優のインタビューや一般の人の体験談も掲載されている。

さらに、監修の“Mr.食物繊維”こと青江誠一郎がスーパー大麦の特徴や機能性をわかりやすく紹介。スーパー大麦のダイエットパワーを中心に、8つの健康・美容効果を解説している。

その中心は、“スーパー大麦バーリーマックス”に含まれるフルクタン、β-グルカン、レジスタントスターチという食物繊維。

発酵速度の異なる3種の食物繊維が大腸全体で発酵し、ヤセ体質の腸内フローラを作り出していくことで健康・美容効果が期待できるという。

無理なダイエットではなく、美味しいごはんをきちんと食べてしっかりヤセ体質になれるメソッドを一挙公開する同書。スーパーフードを取り入れて、食生活を見直してみてはいかが?

庄司いずみ(しょうじ・いずみ)

野菜料理家。日本ベジタリアン学会会員。かんぶつマエストロの資格を持つ。野菜料理、ベジタリアン料理をレシピ本や雑誌、テレビなどのメディア、自身のブログなどで紹介。主宰する料理教室は“モデルの通う料理教室”として知られる人気教室。

現在、伊藤忠商事食料カンパニーと独占契約を結び、中食や外食のレシピ開発やメニュー監修にも力を注いでいる。夢は「お洒落なカフェだけでなく、コンビニにもファミレスにも、社食や学食、デパ地下にも植物性100%の料理が並ぶこと」。

青江誠一郎(あおえ・せいいちろう)

千葉大学大学院園芸学研究科農芸化学専攻・修士課程修了。1984年に雪印乳業株式会社入社、1989年に千葉大学大学院自然科学研究科博士課程修了(社会人入学)、農学博士を取得、2003年大妻女子大学家政学部助教授、2007年より同大学家政学部教授。

2016年より同大学家政学部学部長。研究分野:食生活学、食品科学、分子生物学。2007年に日本栄養改善学会・学会賞を受賞、2008年に日本酪農科学会・学会賞を受賞、2010年に日本食物繊維学会・学会賞を受賞。

※掲載内容は変更になる場合があります。

この記事で紹介した書籍

権利侵害申告はこちら