記事提供:Conobie

子連れショッピングモール、つらい…。

できることなら家にひきこもって、ひっそりと暮らしていたい私、外出は本当に苦手です。

とはいえ2歳男の子の母となった今、そんなこともいっていられなくなり、気合を入れて一緒にでかけるのですが…。

今回は、そんな私が息子とショッピングモールにいった時あるあるを、ご紹介させていただきたいと思います。

①拒否ストーリーは突然に

ベビーカーから降りたがって、暴れ狂います…。

②罰ゲームか何か?

手をつなごうとすると振り払い、一心不乱に走り去る息子を、パンパンのリュックを背負い、ベビーカーを担いで、必死に追いかける、という苦行!(泣)

③骨と筋肉どこいった?

どうにか手をつなごうとするも、今度はぐねんぐねんになって歩きません。

④自由すぎる息子

次はショッピングモールの床に、ねそべり転がり這いずり回ります。

⑤100億%の抵抗

限界を感じ、ベビーカーに乗せようとすると、鬼の形相で抵抗されます。

お願い…座ってほしい…!

⑥ギャン泣きMAX

どうにか乗せたものの、とんでもない大音量で泣き叫び暴れます。

明るく話しかけてみたり、お歌をうたってみたり…、

必死の努力も虚しく、泣き止む気配は全くしません。

⑦人ごみの中で感じる、圧倒的孤独

笑顔がつくれず、あやすこともできず、ただただ、大泣きする息子を乗せたベビーカーを押すだけで精一杯の精神状態に陥ってしまいます。

こう思われているんだろうな、という被害妄想が、どんどん膨らんで、押しつぶされてしまいそうに。

…?

あれ…?

もしかして…、

結局、息子に救われます。

息子への愛情が一層深まる気がするのでした。

おわり。

権利侵害申告はこちら