記事提供:しらべぇ

主演作100本以上、Vシネマの帝王・哀川翔(56)が娘の女優・福地桃子(20)と、31日放送『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で共演。

哀川家独特のしつけを明かし、視聴者から賞賛が起こっている。

■ルール違反は「半殺し」

我が家の変なルールとして哀川が明かしたのは「落ちているゴミをまたいだり、トイレットペーパーの補充をしなかったら半殺し」というもの。

「またぐのはゴミに気づいている行為。あえて無視するくらいなら拾ってゴミ箱に入れる」、家族の多い哀川家ではそうしないと、すぐにゴミだらけになってしまう。

同じようにトイレットペーパーもすぐに無くなるので「気がついた者が補充する」よう、子供を厳しくしつけてきたと語ると、司会・明石家さんま(62)も「良いルール」と絶賛。

福地も「半殺しと言われてきたので、とりあえず拾っておこう」と、哀川のしつけに従ってきたと明かした。

■着ぐるみで凝視

また、「口で言っても聞かない」子供たちのために、哀川は着ぐるみを用意。幼いころ、父の言うことを聞かずわがままを言うと、哀川は「呼んでくるぞ」と地下室に向かい着ぐるみを着て、何も言わずジッと子供たちを見つめる。

あまりの怖さに福地は「この世のものじゃない」顔で泣き叫び、トラウマに。「テーマパークでも泣いている写真しかない」と語った。

■哀川のしつけに賞賛

独特なしつけだが、視聴者からは賞賛が起きている。

なにより、実際にそのしつけを受けた福地が、清楚で可愛らしい「理想の娘」を体現しており、多くの視聴者が福地を「可愛すぎる」と絶賛。余計に「しつけが成功した」印象を与えたようだ。

■二世タレントは「親のしつけ」が甘い?

しらべぇ編集部で、全国20~60代の男女1,336名を対象に「二世タレント」について調査、6割以上が「親が甘すぎる」と回答している。

昨今の二世タレントの不祥事は枚挙にいとまがない。また、不祥事を起こした子供を過度に守ろうとする姿勢も「甘すぎる」と言われるゆえんだろう。

哀川の厳しい子育て論に、世間は好感を持ったに違いない。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,336名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら