10月28日~11月5日まで東京ビックサイトで開催されている「東京モーターショー2017」。

世界中から集まった自動車メーカーが最新モデルやコンセプトモデルを展示する自動車ファン待望のイベントですが、先日、世界のEVシフトの加速化についてのインタビューにお答えいただいた、メルマガ『週刊 Life is beautiful』の著者で世界的プログラマーの中島聡さんは、同ショーの率直な感想と自動車の未来をリポートしています。

東京モーターショー

先週の金曜日、東京モーターショーに行って来ました。

各社、巨大なブースを持ち、最新のモデルから、将来のためのコンセプトモデルまでを一緒くたに展示しているため、歩き回っただけでは「何を伝えたいのか分からない」ブースが多かったというのが正直な感想です。

コンセプトモデルの中で、際立って出来が良かったのはトヨタ自動車のConcept-愛iです(発表したのは今年のCES)。一言で言えば、AppleのSiriやAmazonのAlexaのような人工知能を自動車のUX(ユーザー体験)の中心に据えたものです。

個々のドライバーに合わせた体験を提供する、自分の自動車に対する「愛着」をもっと深める、安全・安心をより親しみやすい形で提供するなどを突き詰めていくと、対話型の人工知能に結びつくのです。

そして、その人工知能の実態は自動車にではなく、クラウドにあり、ドライバーが別の乗り物に乗るとついて来てくれるなど、これまでの自動車メーカーの発想からは一歩も二歩も踏み出した設計になっていました。

変化の速さに悩む自動車産業

興味深いのは、これがAmazonの戦略と真っ向からぶつかる点です。

AmazonはAlexaを家だけでなく、自動車にも普及させようと本気で取り組んでおり、Apple CarPlayやAndroid Autoと同じく、「誰が自動車のUXを提供するべきか」というとても重要な戦いが、自動車メーカーとの間で激化することになります。

一つ心配なのは、これがまだ「コンセプトモデル」でしかない点です。

人工知能の技術は、Googleを中心とした一部の企業で異常な勢いで進歩しており、自動車メーカーならば実用化に5年かかるようなことをGoogleならば6ヶ月で実現してしまう、という時代になっています。

特にテスラは、ソフトウェアのアップデートだけで、この手の機能を既存のドライバーに後から提供できてしまうインフラが整っている点が強みで、「2年おきのモデルチェンジ」というビジネスモデルの自動車メーカーとは、進化のスピードが根本的に異なります。

コンセプトモデルと実際に販売している車に大きなギャップがあり、相変わらず水素自動車のデモもしているトヨタのブースは、予想外の変化のスピードに悩んでいる自動車産業そのものを良く表しているように感じました。

唯一、日産がスゴかった

期待していたEVシフトに関して言えば、全体的に期待はずれでした。EVに大きく舵を切ったはずのドイツのメーカーも、まだまだEVへのロードマップを目に見える形でプレゼンする準備が出来ていませんでした。

日本のメーカーも、日産を除いてはEVはコンセプトモデル程度しか見せるものがなく、EVシフトが加速する世界で、テスラや中国メーカーにどう対抗するかの戦略は見えて来ませんでした。

唯一の例外は日産で、e-powerzero-emissionという二段構えは、とても現実的で説得力のある戦略に私には思えました。

e-powerはハイブリッドの一種ですが、プリウスなどのハイブリッドと違い、エンジンは発電だけのためにあり、駆動には関わっていません。

日産は、e-powerをあえてハイブリッドとは呼ばずに、「発電機付きの電気自動車」としてマーケティングすることにより、既存のメーカーの中で「EVシフト」の先端を走っていることをアピールしつつ、「電気自動車は欲しいけれども航続距離が短いのは困る」と考えている層に売り込もうという戦略をとっているのです。

フランスやドイツが内燃機関自動車を排除しようとした時に、e-power車がどんな扱いを受けるかは不明ですが、プリウス型のハイブリッドよりは有利なことは事実です。

私が日産の経営者であれば、まずは販売する車両すべてを1日でも早くe-power化し、電池価格の下降に伴ってzero-emissionの比率を上げていく、という戦略で、テスラに対抗すると思います。

東京モーターショーの日産のブースを見る限り、日産の経営者はそれに近いことをすでに考えているように私には思えました。

権利侵害申告はこちら