カリフォルニア州に住むスカーレット・ティプトンちゃんは、生まれた時、左腕が右腕の3倍ほどの大きさで生まれてきました。病院や専門家を転々として、たくさんの辛い検査を受けましたが、はっきりした原因はわからないまま。そして5ヶ月が過ぎた時、ようやくその原因がとても珍しいタイプの癌であることがわかりました。

すぐに治療を始め、数ヶ月間にわたり化学療法を行ったものの、がんを完全に取り除くことはできませんでした。そして最終的に、他の部位や骨への転移の可能性もあるため、左腕は切断するしかないと告げられます。当時のことを、母親のシモーヌ・ティプトンさんはこう語っています。

「私たちは医師から、腕を切断するか、切断せずに1年程度になるだろう時間を一緒に過ごすかの決断を迫られました」

そしてスカーレットちゃんは、わすが10ヶ月で左腕切断という大きな手術を受けることになったのです。腕、肩から肩甲骨、さらには脇腹にかけてという大きな切除だったため、大きくえぐれた傷跡は、医療用のシリコンと、彼女の太ももから移植した皮膚で覆いました。

「腕が1本だから、もう病気じゃないの」

スカーレットちゃんは、21回の手術、5ヶ月間の化学療法、そして1年間の理学療法を小さな体で耐え抜きました。腕が1本であることも、スカーレットちゃんなりに、受け入れているそうです。

ある時、自分の腕のことを聞かれたスカーレットちゃんは、こんな風に説明しました。

「私は腕が2本あった時は病気だったの。でも今は1本だから、病気じゃないのよ」

シモーヌさんは「彼女は人との相違を恐れない素晴らしいスピリッツの持ち主なんです」と語りました。

スカーレットちゃんらしい最高の仮装を探して

スカーレットちゃんが2歳になるころ、世間はハロウィンの準備でもりあがっていました。「彼女も一緒にハロウィンの仮装を楽しみたいと考えていました。そこで、腕が2本なくてもOKな仮装はなにかと考えていたんです」

なかなか良いアイデアが思い浮かばずにいたシモーヌさんでしたが、一緒にコスチューム 屋さんに行ってみると、スカーレットちゃんがスケルトンの衣装に興味を持っているのがわかりました。

「その様子を見てあるアイデアを思いつき、試してみたいと思ったんです」

そしてシモーヌさんはさっそく何本かのプラスチック製の骨を購入してきました。その骨で作ったのは、スケルトンの左腕!

そしてハロウィン当日、落としちゃった左腕の骨を嬉しそうに持って歩くスカーレット・スケルトン。

「1本の腕のスカーレットだからこそできる、特別な仮装です」

スカーレットちゃんはこの左腕の骨をとても気に入って、ハロウィンが終わってもしばらく持ち歩いていたのだとか。

今年のハロウィンは大きな羽

怖い仮装が大好きだというスカーレットちゃんのために、今年のハロウィンにシモーヌさんが用意したのは大きな真っ黒い羽。

「スカーレットは、彼女にとって最初のハロウィンの前日に切断手術を受けました。そしてその結果、彼女は今、生きている…私たちにとって、ハロウィンはとても特別なイベントなんです」

「スカーレットはハロウィンが大好き。だからこそ私は、大好きなハロウィンの仮装を通して、彼女が自分自身を肯定し、愛することができるように手伝いたいと思っています」

実はスカーレットちゃんの戦いはまだ終わっていません。昨年は切断手術時のシリコンを取り除く大きな手術をし、無事に手術は成功しました。しかし非常に珍しいタイプの癌のため、有効な治療法はまだ発見されていないのです。

スカーレットちゃんを支援するFacebookでは、彼女の日々を見ることができる他、彼女への支援も受け付けています。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

これまでご愛読ありがとうございました。感謝です!
過去記事の一部をブログで公開予定です。
ゆっくりとした更新となると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします^ ^

権利侵害申告はこちら