記事提供:日刊大衆

今、世間を騒がせているのが、女性誌『SWEET』11月号の表紙を飾った小嶋陽菜(29)のバニーガール姿だ。

「衣装はかなりのハイレグで、中面ではヒップを突き出して、こちらを見つめる別カットも掲載。女性向けの雑誌ですが、この号ばかりは、男性がこぞって購入しているそうです」(アイドル誌ライター)

■AKB48を卒業しても大人気!

4月にAKB48を卒業したが、人気は衰え知らず。

「卒業後は露出が減ることも多いですが、小嶋は別格。人気モデルとしての地位を確立し、男女ともに人気が高いことが強みですね。何より、露出を嫌がるどころか、むしろノリノリで応じてくれるため、使いやすいと評判です」(広告代理店関係者)

しかも、人気の秘密はそれだけではない。

「芸能プロダクションの有力者が集う飲み会では、肩に頬を寄せたり、手を握ったりはご愛嬌。酔っ払って、膝の上に座ることもあるそうです。超人気アイドルがそんなことまで…と、周囲はメロメロになってしまうとか(笑)」(芸能記者)

■乃木坂46の白石麻衣を意識して営業活動

だが、営業活動を怠らないのには理由があるという。

「乃木坂46の白石麻衣(25)の存在です。写真集『パスポート』は売上22万部を超える異例のメガヒットとなり、社会現象ともいわれている。小嶋同様、超人気モデルとして活躍しており、服飾ブランドのタイアップ広告で指名されることも多い。今後、小嶋から白石に切り替える企業も増えるのでは、と言われています」(女性誌編集者)

本人も意識しているのか、「(前述の)『SWEET』でアイドルコスプレを披露しているんですが、そこで着用したのは欅坂46の衣装。やはり、乃木坂のものは着たくないんでしょうか」(アイドル誌ライター)

・インスタグラムにお宝写真でライバルを引き離す

SNSでもライバルを引き離す。

「本人のインスタグラムには、話題のバニーガール写真のほか、谷間にさくらんぼを挟んだ写真や水着姿など、お宝写真がたっぷり。ブログの投稿は非常におとなしい白石とは対照的です」(前出の芸能記者)

何はともあれ、美女のセクシー進化は大歓迎です!

権利侵害申告はこちら