記事提供:gooランキング

デビュー当時は演技派俳優のイメージがなかったものの、後に演技力が評価され、今では多くの映画にひっぱりだこの銀幕俳優に転身した男性俳優は少なくありません。

そこで今回は、銀幕俳優にうまく転身したと思う男性俳優について探ってみました。

1位 岡田准一
2位 阿部寛
3位 斎藤工

4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「岡田准一」!

人気ジャニーズグループ・V6の岡田准一。パッチリとした大きな瞳がトレードマークの彼。デビュー当時から整った顔立ちと幼さが残る可愛い雰囲気で大人気に。

『木更津キャッツアイ』(TBS系)、『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)といった人気テレビドラマで主演を務め、以前から演技力も高く評価されていました。

そんな彼のターニングポイントとなったのが大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK)。特に晩年の黒田官兵衛の演技に迫力と凄みを感じたという人が多数。

この作品から一気に大人な雰囲気をまとった実力派俳優というイメージが定着。映画『海賊とよばれた男』『追憶』『関ヶ原』と立て続けに出演し、銀幕のスターとなりました。

2位は「阿部寛」!

モデルとしてデビューし、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍していた阿部寛。俳優としては遅咲きで、大人気テレビドラマ『TRICK』シリーズで大ブレイク。

二枚目のイケメン役から三枚目のコミカルな役柄まで幅広く演じ分けることができる実力派俳優として人気を集めています。

ブレイク以降は映画で主演を務めることが多くなり、『チーム・バチスタの栄光』『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』『テルマエ・ロマエ』をはじめ、代表作が多数。

モデルから脇役俳優、そして主演俳優から銀幕のスターへと出世した阿部寛が2位となりました。

3位は「斎藤工」!

テレビドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)でブレイクした斎藤工。“エロカッコイイ”を武器に、世の女性のハートを鷲づかみにしています。今までもテレビドラマや映画に出演していたものの、脇役が多かった彼。

昼顔フィーバー以降はキーマンとして出演することが多くなりました。

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』や『昼顔』への出演は記憶に新しいところ。「気がついたら銀幕俳優になっていた」という声が多く、3位となりました。

このように、演技力が評価され、銀幕俳優へと転身した人は少なくありません。気になる4位~31位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、次にどの男性俳優が銀幕俳優として活躍すると思いますか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)

調査期間:2017年9月13日~2017年9月13日

権利侵害申告はこちら