記事提供:サイゾーウーマン

10月22日に放送された選挙特番『TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ』(テレビ東京系)で、中継リポーターを務めた小島瑠璃子が、「適切で表現もわかりやすくて、他局のリポーターがかすんで見えた」と大絶賛を浴びている。

しかし、7日に放送された『サタデープラス』(TBS系)では、ホラーアトラクションのリポートに挑戦したものの泣きだし、「ちゃんと仕事して!」「ホラー苦手な私カワイイとか思ってそう」などの批判的な声が上がっていた。

小島のように、高い評価や支持を得る一方で、「したたか」「計算高い」という理由で嫌われる女性タレントは少なくない。

「したたかなタレントといえば、ほのかりんもその1人でしょう。

2016年9月、当時未成年ながらゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音と飲酒デートが報じられ、所属事務所から契約を解除された彼女は現在、シンガー・ソングライターとして再起を図っています。

今月23日に都内で行われたライブイベントに参加したほのかは、川谷を意識したような髪形や川谷との思い出を描いたような歌を披露。

この姿勢に『川谷を利用した売名だろ』『別れたのに川谷を利用するとは、すごい根性』といった声が上がっています」(芸能ライター)

さらに、タレントやモデルだけでなく女優としても活躍する紗栄子も、計算高いとネット上で指摘されている。

「現在イギリスに住んでいる紗栄子は、13日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。『私に普通の女性の幸せは訪れない』や『人のお金で生きてる女とよく報じられるが、意外と自分でも稼いでる』と発言しました。

さらに、ネットニュースで同番組のMCのひとりである坂上忍の体調が悪いという記事を見たらしく、坂上だけに高級食材であるツバメの巣をプレゼント。

この様子を見た視聴者からは、『坂上忍だけに賄賂渡して計算高い』『人のふんどしを借りるのが上手なだけでしょ』などとネットで批判が噴出しました」(同)

ほかにも、タレント・おのののかにも“したたか”との声が根強く聞かれる。

「10日、おのはインスタグラムに女子バスケ部メンバーと写っている高校時代の画像を投稿。

この写真に『やっぱ昔から可愛いわ』『足の細さが周りと全然違う!』『1on1したい!』と絶賛の声が上がりました。

しかし一方で、『チームメイトの中で自分が一番可愛いと思ってそう』『同級生とはいえ、一般の人をさらしてまで褒められたいとは浅ましい女』といった声も。

以前から『男性に媚びている』『女から嫌われる女代表』との声が上がっていたおのだけに、“したたかさ”を指摘する声は根強く残っています」(同)

したたかさや計算高さが指摘されている芸能人は、もしかしたら、嫌われることを見越してキャラ作りしているのかもしれない。

権利侵害申告はこちら