旅行先で食べ歩きをする際などにお世話になる事も多い“ガイドマップ”。地図を片手に店から店へと渡り歩く人も多いと思いますが、最近では“専門性の高すぎる”ご当地ガイドマップが注目されているようです。

“りんごの街”のアップルパイガイドマップとは?

“りんごの街”青森県弘前市の「弘前観光コンベンション協会」は、「弘前アップルパイガイドマップ」を発行しています。弘前市内の様々な飲食店にある“アップルパイ”だけを紹介するガイドブックで、全国のアップルパイ好きの間で話題になりました。

同ガイドブックでは、アップルパイを売っているお店を40店舗以上掲載。それぞれのアップルパイの魅力が、写真付きで丁寧に解説されています。実際に試食して作成された“PRコメント”では、食感や香りなど細かい特徴も紹介。

さらに、一目見ただけでアップルパイの個性をざっくりと掴める、「甘味」「酸味」「シナモン」の強弱を5段階で評価した“アップルパイデータ”もかなり便利です。

他にも、わかりやすい市内のマップやイートインの有無などが記載されており、SNSなどでは“素敵すぎるマップ”と話題に。

「ガイドマップ見ながらアップルパイ巡りするの楽しすぎる!」「泊りがけで食べて来たけど見事に全部美味しかった…」「アップルパイ好きにとっては夢のようなガイドマップ」との声が相次ぎました。

地元の魅力がたくさんつまったガイドマップ

「アップルパイガイドマップ」のような専門性の高いグルメガイドは近年話題になっているようで、様々な種類のガイドマップが発行されています。例えば弘前市には、「弘前シードルマップ」というシードル(りんごの発泡酒)に絞ったマップも。

こちらも「“アップルパイ”と合わせて是非制覇したい」「これはやられた…眺めてるだけで青森に旅行したくなってくる」と評判です。

埼玉県の飯能市は“カフェ”にスポットを当てたガイドブック「HANNOじもとカフェ」を発行。ただ「オシャレ」で「おいしい」だけのお店ではなく、飯能の街の色がにじみ出ている“じもと感”溢れるカフェのみをピックアップ。

老舗の純喫茶や隠れ家的なカフェレストラン、気鋭の新店など様々な種類のカフェが掲載されています。

そして「八王子ラーメン」で“八王子の新たな町おこし”を目指す「八麺会」は、八王子ラーメンだけに焦点を絞ったガイドマップを作成。八王子ラーメンとは、“表面の油”と“きざみ玉ねぎのトッピング”が特徴的なしょうゆベースのラーメンです。

全国的にはかなりマイナーなラーメンのジャンルですが、同ガイドマップは「八王子経済新聞」でも取り上げられており地元民の期待値は高い様子。

あなたの住んでいる街にも、知られざる“ご当地ガイドマップ”があるかもしれませんよ。

権利侵害申告はこちら