記事提供:日刊大衆

“みなさまの公共放送”で発覚した、過酷な労働環境。巨悪を追う一方で自らが追い込まれる悲惨な現実が!

■電通の過労自殺事件を詳しく報道していたNHK

10月6日、電通の新入社員だった高橋まつりさんの過労自殺をめぐり、労働基準法違反で、同社に50万円の有罪判決が下された。

「裁判前から電通の過労自殺事件を詳しく報道していたのはNHKでしたが、まさか同様の事件が起きていたとは…」(全国紙社会部記者)

2013年7月、当時31歳のNHK女性記者・佐戸未和さんが、過労による心不全で亡くなっていたのだ。翌14年4月には労災認定されたが、それを公表したのは今年の10月4日。

「佐戸さんは東京・渋谷の首都圏放送センターに勤務し、主に東京都政の取材を担当していました。時間外労働は月159時間にも上ったそうです」(前同)

●自らがブラック企業だった内情

そんな実態を局内で黙認する一方、看板報道番組『クローズアップ現代+』では、長時間労働を頻繁に特集。

「佐戸記者が亡くなった13年にも、同番組では『拡大する“ブラック企業”』と題し、問題を追及していましたが、自らがブラックだったわけですよ」(同)

10月6日午前、上田良一NHK会長は佐戸さんの両親宅を訪問し、謝罪。だが、過労死と認定された当時、会長を務めていた籾井勝人氏は、これまで謝罪していない。

「彼女の名前までは知りませんでしたが、記者の過労死は、局内では有名な話でした」こう語るのは、NHKで記者職をしていたA氏。「電通を見て、うちでも組織的に、何らかの対策を取らねばならないだろうという話は出ました」

電通に強制捜査が入ったのは昨年の11月。「昨年末頃から労働組合で、記者の過労死問題が議題に上がり、働き方改革をしなきゃ、まずいという話になりました」(前同)

この時点で、佐戸記者の死から3年以上が経過。遅きに失した感は否めない。この件の公表、謝罪の遅さと、電通の過労自殺との関連について、NHKに問い合わせると、広報局は次のように回答した。

「二度と同じようなことを起こさないという決意を組織内で共有し、改革の徹底を図るために、NHKで発生した過労死の事実を全職員に伝え、外部に公表することが必要だと判断しました。ご両親の代理人からは当初から一貫して『公表を望んでいない』と聞いていました」

■残業は100時間が“前提”

現場でも、働き方の改善は模索されているという。前出のA氏が続ける。

「今年に入ると、各支局、月1で労働組合で議論していました。新人には絶対、週2日休みを取らせないといけないとか。今は、みなし残業が100時間入っている働き方なんですが、それを変える必要があるとか」

月80時間以上の残業が“過労死ライン”とされているが、残業100時間が“前提”とは驚くばかり。

NHK広報局は、「みなし残業100時間という事実はありません」とし、「記者に対しては、今年4月から健康確保を以前よりも重視した、新たな勤務制度を導入するとともに、長時間労働の抑制に努めています」と回答するが、構造的な問題は残る。

・歯医者に行く時間もない

「原則、記者職で入社した人は一生、記者。現場で働きたい人ばかりなので、出世しても、人事労務に興味がありません。部下の労働時間の把握や、管理のできない上司はかなりいます。3日連続、車内やイスで数十分、仮眠しただけということもザラ。私は入局後、2年で4本も、歯がダメになりましたよ。歯医者に行く時間もなくて。大学卒業まで1本も虫歯がなかったのに」(A氏)

■選挙のときは仕事量が激増

さらに、忙しさに追い打ちをかけるのが選挙。別の元NHK記者はこう語る。「基本的に選挙が始まると、記者は総出で担当。警察担当、役所担当など自分の持ち場に加え、選挙関連の仕事も掛け持ちするので、仕事量が激増するんです」

佐戸記者が亡くなった13年は、6月に都議選、7月に参院選が行われた。心不全となったのは参院選投開票日の3日後の7月24日で、死亡直前の1か月間の休日はわずか2日だった。

「選挙報道は地道な作業。選挙本部の集計発表を待つと遅いので、投票所に行き、2人体制で票数をカウントしたりする。しかも公共放送ですから、数字の間違いは許されません」(前同)

■精神的ストレスは相当なもの

また、NHK記者の過酷ぶりに驚く他社の記者も多い。夕刊紙記者はこう語る。

「お互い情報交換をし合うこともあるんですが、メモを取りながら、うつらうつら。夜に会食した際は、さっきまでしゃべっていたのに突然、寝落ち。そのまま1時間寝ていました。30歳手前で、すっかりハゲている人もいますし…」

また、精神的ストレスは相当なもの。ある中堅NHK記者は語る。

「放送日という締切のあるディレクターと違い、記者はネタを見つけねばというプレッシャーが毎日続く。出世競争も激しい。東京でのポストは少ないので、地方からずっと上がれない人も多くいます。地方で地元の小学校や老人会の運動会を取材していると、東京の奴は今頃、何を取材しているんだろうと、焦る気持ちはあります」

■転勤にまつわる悩みは尽きない

全国に54の放送局を持つNHKだけに、転勤にまつわる悩みは尽きない。

「2週間前に突然、赴任地を告げられることもしょっちゅう。異動までに、その地域を勉強しなくちゃならないので、社内異動の噂には皆、敏感です。鳥取転勤の噂を聞き、日本海新聞を読み込んでいたら、本当は福岡だったなんてことも(笑)」(前同)

熱心な仕事ぶりには頭が下がるが、くれぐれも命だけは大切にしてほしい。

権利侵害申告はこちら