記事提供:しらべぇ

『おんな城主 直虎』(NHK)や『刑事7人』(テレビ朝日系)など、数々のドラマで活躍する俳優・高嶋政宏(51)が、24日放送『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でも存在感を示した。

司会の明石家さんま(62)も思わず「気持ち悪い」とツッコんだ、高嶋の「外食でのこだわり」に、視聴者からも驚きの声が上がっている。

■外食には調味料持参

この日はグルメ芸能人として呼ばれた高嶋。「やめられない食へのこだわり」をテーマにトークが進行する。

高嶋が「お店で『味が足りない』と感じたとき、持参の調味料で味を変えるのがやめられない」と語ると、さんまは「失礼。マネしたくない」と批判。

それでも「お店の人の目を盗んでやることにスリルを感じ、興奮してくる」と、独特の感想を語る高嶋に周囲は「気持ち悪い」と引き気味に。

■さらにはマスカットを…

さらに「店員さんにバレないようにマスカットを食べる」のが、女性に一番ウケたと高嶋は熱弁。話しながらこっそりマスカットを口に運ぶ仕草を披露する。

当然ながら「持ち込み」を禁じている飲食店は多い。調味料どころではない「デザート」の持ち込みに、「それはダメ」「家で食え」とスタジオはツッコミが飛び交った。

■変態グルメ王に視聴者も驚き

「鍋で水菜と黄ニラを入れっぱなしにする人が許せない」「お店の全メニューを制覇しないと気が済まない」など、一風変わったこだわりも明かした高嶋。

食に対するこだわりを興奮気味に語る高嶋を、視聴者は楽しんでいたようだ。

■高嶋は「グルハラ」か?

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,341名を対象に「食べ方などを指示してくる人はグルハラ(グルメハラスメント)だ」と感じているか調査。約2割がグルハラと感じていると判明した。

グルメであればあるほど、食べ方や調理方法にこだわりを持つ。高嶋も「美味しい食事」を知ってほしい親切心から、こだわりを押し付け、それを「グルハラ」と感じる人も少なくないだろう。

個人で楽しむのであれば問題はないが、店のルールを破ったり、こだわりを他人に押し付けるのは迷惑そのもの。高嶋の家族や友人は、高嶋の強すぎるこだわりに辟易しているかもしれない。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,341名

権利侵害申告はこちら