以前掲載の「アイデア家電を次々と生み出す『ツインバード』は何が凄いのか?」でも詳しくお伝えしたツインバード工業の躍進。

今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では、著者で店舗経営コンサルタントとして活躍中の佐藤昌司さんが、専門家の視点で「ツインバード人気の理由」を分析しています。

アイデア家電メーカー「ツインバード工業」の業績がV字回復したワケ

頭皮洗浄ブラシ「モミダッシュ」などアイデア家電を開発する新潟発の家電メーカー、ツインバード工業の業績が好調です。

2017年3~8月期の連結純利益が前期比2.8倍の9,100万円でした。OEM(相手先ブランドによる製造)製品が堅調に推移し、売上高が計画を上回ったことや、製造費や販管費を計画よりも抑えたほか、投資有価証券の売却が寄与しました。

売上高は66億円で前期比1.8%減となりましたが、下半期に首に掛けて聴くラジオ「着るラジオ」や単身者向けの冷蔵庫・洗濯機を新規投入することもあって、18年2月期通期の業績予想は据え置き、前期比4.4%増の140億円を計画しています。

ツインバードは大手電機メーカーが参入しないニッチ家電市場を開拓することで頭角を現しました。「あったらいいな」と思える製品を開発していくことをモットーとしている家電メーカーです。

例えば「モミダッシュ」がその代表格でしょう。電動で動くゴム製のブラシで、頭皮の洗浄とマッサージが同時にできることを売りとしています。「シャンプーブラシ(頭皮ブラシ)を電動化してみてはどうか」という発想から生まれました。

モミダッシュは04年に発売されました。当初は宣伝をほとんどしなかったといいます。しかし、徐々に口コミが広がったことでニュースやテレビ番組でも取り上げられるようになり、結果として大ヒット商品となりました。

今年10月に発売した「着るラジオ」もニッチ家電と言えるでしょう。「ウォーキングしながらでも聴けるラジオがあったらいいな」という発想から誕生しました。

首掛け式になっていて、耳元からでも聞こえるスピーカーを搭載し、イヤホンを通さずに音声を流します。耳や手をふさがないため、ウォーキングなど軽い運動や作業中でもラジオを聴くことができます。

こういったアイデア家電に改めて注目が集まっていることもあり、ツインバードの業績はV字回復しています。

連結決算に移行した12年3月期は連結売上高が150億円ありました。しかし、13年3月期は前期比17.4%減となる123億円にまで落ち込んでいます。

「おかあさんがうちわをあおいでいるようなやさしい風」がコンセプトの扇風機「コアンダエア」や、「テレビの音声が聴けるラジオがあったらいいな」という発想から生まれた「聴くテレビ」が好調だったものの、家電市場の低迷に抗うことはできませんでした。

14年2月期も引き続き低迷が続きます。売上高は111億円(約11カ月の変則決算)です。

しかし、15年2月期は状況が一変します。スティック型クリーナーやハンディスチーマーが好調に推移したほか、ワクチンなどを冷温保存できるポータブル冷凍・冷蔵庫「ワクチンクーラー」の大量受注があったため、売上高は133億円となりました。

ワクチンクーラーは国際宇宙ステーション(ISS)で使用されたツインバード製のポータブル冷凍・冷蔵庫を応用した製品です。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)から依頼されて開発したポータブル冷凍・冷蔵庫は、13年に種子島宇宙センターから打ち上げられた「こうのとり」4号機に積み込まれ、ISSの日本実験棟「きぼう」に届けられ使用されています。

16年2月期と17年2月期はOEMの受注が拡大したこともあり、家電市況が厳しいなか、売上高はそれぞれ130億円台をキープすることができました。

そして先述したとおり、「着るラジオ」や単身者向けの冷蔵庫・洗濯機の新規投入により、18年2月期は140億円になると見込んでいます。

他社にはないアイデア家電や独自技術の製品が話題を集めたことで、ツインバードの業績がV字回復していると言っていいでしょう。多くの家電メーカーが苦戦しているなか、ツインバードは健闘していると言えます。

ツインバード「変化」の歴史

ツインバードの始まりは1951年まで遡ります。前身の「野水電化皮膜工業所」が新潟県三条市で創業しメッキ加工業を始めました。

71年ごろに、下請けのメッキ加工業からの脱却を目指し、自社製品やギフト商品の開発へ乗り出しました。ギフト商品は結婚式の引き出物で需要があるなど、それなりに売れたといいます。

しかし、ギフト市場は大きくなく、すぐに飽きられるという特徴もあり、成長に限界がありました。

そこで、家電メーカーへと脱皮を図っていくことにしました。「ツインバード」のブランド名で製品開発を始めたのが77年です。その後に開発したインバーター蛍光灯が大ヒットするなど、家電メーカーとしての認知が徐々に広がっていきました。

90年代後半以降では調理家電が次々とヒットしました。

それまで右肩上がりで伸びていた外食市場が90年代後半に減少に転じ、代わって家庭で料理して食事する「内食」が拡大するのに合わせて、電子レンジやホームベーカリー、オーブントースター、精米機など調理家電を次々と開発していったのです。

近年はリビングとキッチンが一体化した「リビングキッチン」が主流になっていることもあり、それに合わせてデザイン性の高い調理家電に注目が集まっています。

そこでミラーガラスを取り入れたデザイン性の高い調理家電を投入していったことが功を奏し、ツインバード製の調理家電は人気を博すようになりました。

こういったこともあり、ツインバードでは調理家電が現在最もよく売れる製品群となっています。17年3月期の調理家電の売上高は全体の26%を占めるほどです。

顧客の声に真摯に耳を傾ける

ツインバードがこういった「あったらいいな」を実現したアイデア家電を次々とヒットさせることができたのは、「顧客の声」に真摯に向き合うことで培ってきた、同社の「顧客志向の企業文化」に依るところが大きいでしょう。

ツインバードは「一緒に、つくる。お客様と。」を標榜し、顧客と共に製品価値を作り上げていくことを高らかと宣言しています。コールセンターを本社の中に設置するなどして、顧客の声を製品開発にすぐにフィードバックできる体制を整えています。

例えば、先述した「聴くテレビ」は顧客の声から作られた製品です。

「ツインバードさんにつくってもらいたい製品があります。それはテレビの音声が聴けるラジオです。以前はあったのですが、地デジになってから聞けなくなってしまいました」という顧客の声を反映して誕生しました。

15年3月に東京・日本橋で開設した「日本橋ゲートオフィス」では体験型のショールームを設けています。

顧客に対して製品の情報発信を行うとともに料理教室などのイベントを行い、そういった中で顧客の声を直接拾って製品開発に生かしているといいます。

ツインバードの業績が好調な理由は、顧客の声に真摯に耳を傾け、「あったらいいなと思える製品を愚直に作り続けているところにあると言えそうです。

権利侵害申告はこちら