記事提供:しらべぇ

出典 https://www.nhk.or.jp

(画像は『ブラタモリ』公式サイトのスクリーンショット)

各地をブラブラ歩き、知られざる町の歴史や人々の暮らしに迫る番組『ブラタモリ』(NHK)。10月21日に放送された第88回の舞台は、富山県の立山だ。

観光シーズンは、4月~11月とされている立山。観光客は毎年100万人だそう。古くからとくに山岳信仰の強い「日本三霊山」の一つでもある「神秘の山」。

今回の放送では、そんな立山の神秘が解き明かされた。

■神秘的な地形の秘密とは

スタート地点は立山の中腹で、観光地となっている室堂平。これまでに各地を訪れてきたタモリだが、番組の冒頭では「立山は興味がある」と語る。

タモリ一行は早速「室堂平」のシンボルでもある、ミクリガ池に注目。太古に、水蒸気爆発と言われる噴火によりできた池だ。

立山には、火山の恩恵が受けられる温泉が存在。タモリ一行は、標高が一番高い場所にあるこの温泉を訪れ、火山活動の活発な谷「地獄谷」を眺めた。

■北アルプスの誕生に迫る

地形の次には、北アルプスの山々の誕生に迫った。北アルプスの名づけ親は、明治時代、政府に招へいされた登山好きの化学者で、立山を見た際に「スイスのアルプスによく似ている」と、北アルプスとの名称がつけられたという。

なお立山連邦には、現在も20メートル以上の積雪になる場所があるとされており、そんな立山には日本で唯一、氷河が存在している。

番組では、タモリが採取された氷河の一部と初対面し、昔の空気が弾け出す音を楽しむシーンも見られた。

■立山に行ってみたい人が続出

なお今回の放送を見た視聴者が、実際に立山へ訪れたいとの声をあげている。

■NHKのバラエティ番組は男性に人気?

しらべぇ編集部は、男性と女性にバラエティ番組が面白いと思うTV局を調査。

男性の場合、日本テレビが1位でNHKが次いで2位という結果。一方、女性の場合は1位が男性と同じ日本テレビだったが、2位がフジテレビとなっている。

『ブラタモリ』は、老若男女問わずNHKで人気の情報バラエティ。この番組が、これからこのランキングに影響を与え、果たして変動していくのか気になるところだ。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら