イケメン×マッチョ。これだけでも心躍るのに(笑)、さらに、動物を抱きしめるという…3つの胸キュン要素を詰め込んだオーストラリアのカレンダー。これが「ドキドキが止まらない!」「こんなの反則!素敵すぎる!」と海外を中心に話題沸騰!多くの女性を虜にしていたので紹介したいと思います。

今から約25年前、1993年に誕生した「Firefighters Calendar(消防士カレンダー)」

今年で誕生25周年になる…この「Firefighters Calendar」。なお、このカレンダー。元々、

火傷で入院・治療している子供たちに何か手を差し伸べることは出来ないか

という思いから誕生したモノなのだそうで、オーストラリア国内では知らない人がいないほど有名なカレンダー。また、これまでに売上金とは別に、なんと約230万ドル。およそ、2億6千万円以上もの寄付金を小児病院財団に贈っているのだとか。

以前は「鍛え抜かれた肉体を持つ消防士」をテーマに制作されていた「Firefighters Calendar」。しかし、数年前、動物との2ショット写真があまりにも可愛いと話題になり、それ以降、動物とのコラボ写真も複数掲載。その結果、売り上げは伸びに伸び、2017年は打り上げの一部を「RSPCA(英国王立動物虐待防止協会)」にも寄付する事が出来たとのことです。

まさに“一肌脱いだ”慈善活動。

これは素敵すぎますよね。

生誕25周年!今年のカレンダーは過去最大規模!

今年は生誕25周年ということもあり、アニバーサリーモデルになっているという「Firefighters Calendar」。撮影にはオーストラリア全土から、65人を超えるイケメンマッチョ消防士が集められ、なんと4週間以上も費やしカレンダー撮影を決行。その規模は、有名アーティストのカレンダー撮影となんら変わらなかったそうです。

たくさん売れれば、それだけ多くの施設に寄付をすることが出来る。

その思いを胸に、消防士、及び、撮影スタッフが一丸となって作った「Firefighters Calendar」。では、癒し効果が半端ないイケメン×マッチョ×動物のトリプルコラボカレンダー。どうぞお楽しみ下さい!

ボコボコに割れた6パック(腹筋)。

見る場所が多すぎて困ってしまう…。(笑)

過酷な現場で働く消防士。そんな彼らが魅せるオフショット。とっても素敵ですね。

イケメンマッチョに抱かれて、猫ちゃんもなんだか嬉しそう。

犬や猫だけじゃない!あの動物も消防士とコラボ!

一緒に並んでいるだけで絵になる「馬」×「消防士」。それにしても体凄すぎ!

ちなみにカレンダーモデルに選出されるための競争は超過酷だそうで、その様子は、ドキュメンタリー番組として放送されるのだとか。いかにオーストラリア国内で「Firefighters Calendar」が人気なのか、一目瞭然ですね。

オーストラリアと言えばコアラ。コアラと言えばオーストラリア。

いくら屈強でも、さすがにコアラの爪は痛そう。

あっ、ウォンバットもいた!

2018年のカレンダーは「Firefighters Calendar」で決まり!

すでに予約が始まっている「2018 Australian Firefighters Calendar」。ちなみに2017年度版は、生活雑貨専門店「LOFT」などでも販売されていたようなので、興味を持った方、また、彼等の思いに賛同出来る方は是非、2018年度版、手に入れてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら