記事提供:AbemaTIMES

毎週日曜日21時放送中の、ダンス・ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEが全国各地の高校に突然現れ、イマドキ高校生ライフを体当たりレポートするAbemaTV(アベマTV)『GENERATIONS高校TV』。

22日(日)放送回では、GENERATIONSが群馬県立尾瀬高等学校を訪れた様子が紹介された。

バスケットボール部に潜入したGENERATIONSは、高校生部員と3on3で対決することに。

バスケ部出身者が1人もいないGENERATIONSチームは、まずは年長メンバーの関口メンディー、数原龍友、中務裕太でスタートしたが、現役の高校生相手になかなかパスが通らない。

ようやくメンディーにナイスパスが通るも、肝心のシュートはリングからこぼれてしまった。

その後も、裕太のディフェンス、メンディーのリバウンド、龍友のカットインと、ナイスプレーを多々みせるが、全員で何度シュートをしてもリングに嫌われてしまう。

その後も一進一退の攻防が続き、リバウンドに強いメンディーは何度もシュートをしてはリバウンドを取り先取点を狙うが、シュートはおもしろいほど入らない。結局スコアレスドローに終わった。

次は年少メンバーの白濱亜嵐、片寄涼太、小森隼、佐野玲於の4人で4on4対決に。高校生のドリブルを玲於がカットするが、逆に隼へのパスを高校生にカットされ、こちらもいい勝負だ。

その後も涼太が亜嵐へ長いパスを通したり、亜嵐がドリブルで切り込んで行ったりしたが、どちらも肝心のシュートが入らない。隼は、ど真ん中の絶好のポジションからのシュートをはずしてしまった。

亜嵐がゴール下からトリッキーなパスを涼太へ通すが、これもシュートは入らず。大健闘の試合だったが、スコアレスドローに終わった。

その後、「バカッコイイ動画」のリベンジをすることに。バカッコイイ動画とは、日常生活の中で「くだらないけどできたらカッコイイ技」を披露する奇跡の動画のこと。

以前、7人全員がペットボトルを投げてゴミ箱に入れる技に挑戦したが、最後のメンディーで惜しくも失敗に終わっていた。今回は「Choo Choo フリースロー」と題して、7人が縦に並んでそれぞれの位置から順番に全員シュートを決めたら成功だ。

まずは全員でシュートを試してみて適正をチェック。その結果、ポジションは前から隼、涼太、裕太、玲於、龍友、メンディーの順に決定した。しかし先ほどの3on3対決でもそうだったように、シュートはなかなか決まらない。

1人目がはずすことも多く、長く続いても4人目でアウト。ラストチャンスを前に、応援してくれていた高校生も含め全員で気合いを入れたが、奇跡を信じて投じたシュートは2人目で無情にもリングの外へ…。

またもやバカッコイイ動画を成功させることができずじまいだった。

(C)AbemaTV

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら