記事提供:日刊サイゾー

公明党・石川和広氏のTwitter(@k_14kawa)より。

選挙ポスターの無断掲示が話題となっている。公明党の石川和広・狛江市議は10月13日、所有地の壁に他党候補のポスターを無断で貼られたと激怒。Twitterで「どこまで常識が無いのか」と非難した。

貼られたのは立憲民主党から衆院選に立候補している山花郁夫・元法務副大臣のポスターだった。石川市議はポスターの横に「常識を持ちなさい!」などと書いた抗議の紙を貼って、それらの画像も公開している。

大々的に「常識がない」と名指しされた山花元副大臣は、祖父と父の代から続く3代目の世襲議員で、3度の当選歴がある。司法試験10度不合格という珍エピソードを持ちながら、父親の地盤を引き継いで、2000年に民主党所属で初当選。

03年に当選、05年に落選で、09年に3度目の当選で外務大臣政務官、法務副大臣を務めたが、12年、14年の衆院選では落選している。

今回は民進党議員が大量に希望の党に流れる中、安保法制の撤回を求めてきた立場から、立憲民主党から出馬となった。

同じ区の候補者は、長く争ってきたライバルの伊藤達也(自民党・当選7度の元金融相)ほか、金ケ崎絵美(希望の党)、阿部真(共産党)。中でも山花元副大臣は政界サラブレッドで選挙経験豊富なはずが、ポスターの無断掲示をやってしまったわけだ。

山花陣営の関係者に話を聞くと「私は担当者ではない」と回答は拒まれたが、“非公式の個人的見解”として聞くと、「選挙中だから鬼の首を取ったように騒いでいるけど、公明党だって他じゃ無断ポスター貼りはよくあること。ボランティアスタッフに頼んで貼ってもらうと、どうしてもミスが出てくることもあるのは、お互いさまでは。無断で貼られたのなら苦情を言って剥がしてもらえばいいでしょ。Twitterで大騒ぎするのは攻撃材料にしたいとしか思えない」と反論した。

実際、選挙ポスターの無断貼り付けは各地でよく報告されていることだ。公明党もその例外ではなく、被害がネットで明かしているケースもあり、都内在住の男性は所有する駐車場の看板の上に貼られて激怒。

党本部に苦情を言ったが「こちらでは、わからない」と対応してもらえなかった不満も書いている。

「間違いなく確信犯です。どんなに苦情を言っても選挙のたびに公明党はポスターを貼ってくるんですから。地元のウワサでは違法なポスター貼りはそれ専門の工作班がいるとか。過去、自民党や民主党、共産党、与野党関係なく貼られましたけど、公明党はあまりに多いですよ。もし政策で共感しても投票したくないです」と男性。

私有地にポスターが貼られたという被害報告は、市議以外にもTwitterなどSNSで続々と報告されている。

公職選挙法ではポスターを他人の土地、建物等に貼る場合は、居住者の許可を得てから貼るように定められており、選挙管理委員会は「自分の所有地に無断で貼られたポスターは、その土地の所有者であれば剥がすことができます。ただ、剥がしたポスターは候補者の所有物ですので、捨てない方がいい」と話す。

政治ジャーナリストによると「人気候補者のポスターは無断で貼られても苦情が少なく、タレント候補のポスターはむしろ剥がして盗んでいく人がいたりするほど」だというが、ポスターのトラブルはまるで選挙時の風物詩のようだ。

権利侵害申告はこちら