厚生労働省の調べによると、2016年の日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性87.14歳と、いずれも過去最高となりました。

老後もいきいきと仕事を続ける人も増え、100歳が当たり前という時代の到来も間近と思われますが、無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者でマンション管理士の廣田信子さんは、高齢者一人ひとりが「どこで誰に看取られるか」を意識すべきと記しています。

高齢でも一人で自宅で暮らすために必要こと

こんにちは!廣田信子です。

先日、高齢期の住まいの選択に関するセミナーに参加しました。まず驚いたのは、高齢期の定義が70歳~100歳になっていたことです。

数年前に話を聞いたときは、60歳ぐらいからの年表だったと思います。対象年齢が10歳ずつ高くなっているように感じました。まさに、70歳までは当たり前に現役として働き、100歳まで生きる時代が来ているのです。

モデルケースでは、80歳までは自立して生活できる期間、90歳までが見守りや生活支援があれば自立生活ができる期間、90歳からが介護が必要な期間となっています。

内閣府の高齢者の住まいに関する意識調査では、高齢者の66%が、老後もできるだけ自宅で暮らしたいと考え、22%が高齢者住宅や施設に住み替えると考えています。

100歳まで生きるとすると、高齢期の住まいの問題は、どこで誰に看取られるかという問題と深く関わり、自宅で住み続けるのにも、施設や高齢者住宅に住み替えるのにも、覚悟が要ります。

多くの人が望むように、自宅に住み続けるとするとそのために必要と思われる10箇条をまとめてみました。

1. 自宅が安全であること(耐震、火災、段差、ヒートショック等に対する安全)

2. 緊急時の備えがあること(緊急通報システム、見守り体制等)

3. 判断力があること(日常生活の判断が自分でできる)

4. 自己管理ができる(食事、運動等で体調管理ができる)

5. サポートしてくれる人がいる(困った時に助けてくれる親族、お隣さん、友達等)

6. かかりつけ医がいる

7. 地域参加ができている(地域の活動や趣味を通じて仲間がいる)

8. 地域の介護・医療体制が充実している

9. ひとりでいることができる(ひとりの時間も楽しめる)

10. 自宅で死ぬ覚悟ができている(ひとりで自然死することを受け入れている)

出典 http://www.mag2.com

いかがですか?人生100年時代の終の棲家には、居住環境や地域の体制が整っていること、地域とのつながりは、やはり欠かせませんが、同時に、一人でいる時間も楽しめることが、必要だということです。

自宅で一人で死ぬ覚悟はあるか?

夫婦で共に生きようと思っていても、介護をする側になることも、介護をされる側になることも、自分がひとり残ることもある訳です。これについては、一人一人が、いろいろなケースを想定してよく考えた方がいいということです。

一人になった場合を想定したときに、一人でいる時間が苦手で、一人でいることが不安でたまらないという方は、親族と同居がないなら、常に見守りの目がある施設入居を考えた方がいいのかもしれません。

10. の自宅で死ぬことの覚悟もやはり重要なことだと思います。一人暮らしであったら、突然、自宅で死亡することもあるそれでもいいと覚悟するということです。

その場合を考え、死亡後1~2日ぐらいの間には、誰かに見つけてもらえるような状況をつくっておくことが必要です。

で、そういった問題は、親族の理解を得ることも必要だと言われます。自分は、一人で死んでもいいと思っても、親族としては、心配で落ち着かないので、誰かの目がある施設に入居してほしいと思うこともあるでしょう。

自分の覚悟をきちんと説明し、いざというときの体制を整え、親族に理解をしてもらうという過程も必要なのです。誰もが、最後は誰かに後始末をしてもらわなければならないのですから…。

権利侵害申告はこちら