あなたの周りには、友達から無視されたり、仲間外れにされたりして悲しんでいる人はいませんか?自分のことを認めてくれる人が周りにいないことは、どんなことより寂しいことだし、存在を認めてもらえないという事は、もはや存在していないのと一緒。

この少女も、そんな寂しい感情を抱えた一人です。クラスの行事も、スポーツでのメンバー選びでも、登校時でさえ、誰ひとり彼女のことを気にかけず、周りから無視され続ける少女は存在自体が無くなり、透明になっていきます。

でも、そんな彼女を救ったのは、食堂での何気ない一言。気にかけるという事の大切さとともに、言葉のありがたさにも気づかされる動画です。

それではどうぞ

出典 YouTube

小難しい言葉はいらない。ただ一言のあいさつで、孤独から救われる人がいます。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス