記事提供:AbemaTIMES

来春に青山学院大学を受験すると発表し、大きな話題を呼んだ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳。

その受験までの様子を追うリアルドキュメンタリー番組『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』(毎週土曜22時~)が、10月14日、AbemaTV(アベマTV)にてスタートした。

青山学院大学の入試まで、田村に残された時間はわずか100日間。14日放送回では、今回一緒に受験することになった、ディレクターの通称しげさんと共に、勉強を本格的に開始した。

入試の必須科目の中から田村が選んだのは、現代文、英語、日本史の3教科。日本史と現代文は自信があるが、英語は大の苦手だという。

田村は中学2年生の時、英検4級に落ちた苦い思い出がある。約400人いた学年の中で不合格になったのは、田村ともう1人だけだったそう。

だが、英語教育に力を入れる青山学院大学は、受験においても英語の成績を重要視しており、決して避けて通ることはできないのだ。

受験科目も決まったところで、田村は早速仕事の合間を縫って、勉強をスタート。地方ロケの移動中や宿泊先のホテルで、ひたすら参考書を読みこむ。田村は得意科目である日本史から手をつけ、自分に合った勉強法を発見するなど、出だしは順調な模様。

だが、「今の実力を知りたい」と挑んだセンター試験の過去問で、厳しい現実を目の当たりにすることになる。

田村としげさんは、受験勉強をサポートしてくれることになった、東進ゼミナールの講師3名のもとで、センター試験の過去問にチャレンジ。まずは、現代文の過去問に取りかかった。

コラムの連載を持つ田村、ナレーションや台本を書く機会の多いしげさんであれば、勉強を始めて間もない段階でも、ある程度の点数は取れるはず。当初はそんな風にも思われたが、蓋を開けてみれば惨敗。

「問題とかなり相性が良かった。文章を見ていれば、なんとなく答えが出てきた」と自信満々だったしげさんでさえ、100点満点中28点。一方の田村は23点だった。

続く日本史では、大の戦国マニアを公言し、歴史番組の司会も務めていた田村の実力に期待が集まったが、結果は100点満点中24点。しげさんは田村をわずかに上回り、26点だった。

最後は、青山学院大学の入試で最も重要とされる英語。だが、問題を解き始めて40分、2人とも完全にお手上げ状態。

田村は「向き合うのもバカバカしい。何書いてあるかもわからないんだから。為す術がない」と投げ出し、制限時間の半分でギブアップしてしまう。当然、結果も散々なもので、田村が200点満点中24点、しげさんが36点だった。

今回の結果を受け、「まずいな、青学入れないな」と危機感を覚えた田村。だが、「まぁ、ここからだからね。悲観してもしょうがない。俺はやる気が湧いてきた」と前を向き、受験勉強により一層意欲を燃やしていた。

(C)AbemaTV

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら