記事提供:messy

出典 https://www.amazon.co.jp

「AERA」(朝日新聞出版)2017年10月16日号

女優の新垣結衣(29)が10月9日放送の『しゃべくり007 秋の2時間SP』(日本テレビ系)に出演し、「超めんどくさがり屋」であることを明かした。

番組冒頭、「2017年は忙しかったですね」と振り返っていた新垣。仕事がオフの日は「ひたすら寝る」ことが多いようで、休みの日は13時間寝ているそうだ。

自分の「ダメなところはどこか」と質問された際も、「本当に家にいるとき、皆さんの想像以上にダラけてるんですよ」「タテの状態でいるときがあんまりない。すごいイメージが違うと思います」と、休日の過ごし方を語った。

また番組では、新垣の面倒くさがり屋な一面を紹介。新垣は「洗濯物をたたむ」のが面倒だと感じているらしく、「たたまないです。ハンガーにかけて、ラックにわ~って(かけている)」そう。

また、唐突に「モノを噛むのが面倒くさい」とも思う瞬間がやってくるらしく、「食べてる途中で『はあ』『疲れたぁ』ってなる時がある」という。

新垣は清純派で真面目なイメージがあるため、家ではダラダラと過ごし、洗濯物をたたむのを面倒くさがる一面はしゃべくりメンバーにも視聴者にも意外だったのかもしれない。

ネットでは「意外すぎる」「びっくり」という声がある。番組でも「恋人にしたい女性No.1らしくない意外な一面」として新垣の面倒くさがり屋な部分が紹介されていた。「恋人女性」はだらしない面がないほうがいいものなのだろうか。

美人は何かと幻想を抱かれやすいが、家事をちゃんとやらないとか家でごろごろしていることが(ましてや一人暮らしなのに)“ダメなところ”とされるのは、それこそ面倒くさい。女というだけで妙に高い家事スキルを要求されるのも問題だ。

AV女優の蓮見クレア(25)がTwitterに自作の朝食の写真をアップした際、リプライで「ズボラ」だと言われたそうで、「さっきのご飯そんなにズボラに見えるかなぁ」「すごい納得いかない」と不満を口にしていた。

「人の飯に文句つけやがって自分はよっぽど完璧に毎日生活してるんでしょうね?」と怒りをあらわにしていた蓮見だったが、それもそのはず、彼女の朝食は「ズボラ」には見えない。

白米に味噌汁、ベーコンエッグに豆腐と納豆、漬物の盛り合わせと、朝食と考えれば十分すぎるくらいだ。しかもすべて、皿に盛り付けている。まったくズボラとは思えない。

彼女が怒ったことで、Twitterではさらに「盛り付けただけ」「作ったと言えるのはベーコンエッグぐらい」という小姑のような声も集まっているが、これも女に要求する家事スキルが高すぎる案件だろう。

しかも恋人でも家族でもない第三者がワーワー小姑のように騒ぐのだから厄介なことこの上ない。

ドラマをキッカケに家でダラダラを過ごす女性のことを指す「干物女」という言葉が知れ渡った。そのほか「オヤジ女子」「おっさん女子」などの類義語もある。

女がズボラでもダラダラした休日が好きでもまったく問題がないフツーのことだと、声を大にして言いたい。ガッキーもオフの過ごし方を「ダメなところ」なんて思わなくていいのではないだろうか。

権利侵害申告はこちら