記事提供:日刊サイゾー

公益社団法人日本将棋連盟公式サイトより。

将棋界の“レジェンド”が、ついに大舞台に殴り込みをかける。

今年6月に現役を退いた加藤一二三九段が、大みそかの風物詩『第68回NHK紅白歌合戦』に、出場の運びとなりそうだという。

加藤九段といえば、1954年に当時の最年少記録となる14歳7カ月でプロ棋士となり、史上初の中学生棋士に。その圧倒的なひらめきから「神武以来の天才」と評され、中原誠名誉王座や故・大山康晴十五世名人らと名勝負を繰り広げてきた将棋界のスター。

引退までの通算成績は、1,324勝1,180敗1持将棋。対局数は歴代1位の2,505局を誇る。

さらに、最近では「ひふみん」の愛称で親しまれ、独特のキャラクターとその言動で話題を呼んでいる。

「見た目は、ほのぼのとしているのに、話し始めるとマシンガントーク。それでいて、将棋界の大レジェンドにもかかわらず、偉そうにしない。それが受けています。加藤九段が出演する番組は、視聴率が跳ね上がり、オファー殺到で引っ張りだこ。これに目をつけた芸能事務所『ワタナベエンターテインメント』が契約を結び、スケジュールを管理。さらに出演本数を伸ばすという好循環になっていますよ」(芸能関係者)

さらに今年は、加藤九段以来5人目となる中学生棋士、藤井聡太四段が脚光を浴び、将棋界が沸いた一年となった。

「NHK側は『紅白』に藤井四段を出演させたいようですが、中学生で規制もあり、難しそう。そこで白羽の矢が立ちそうなのが加藤九段です。ゲスト審査員として参加する可能性が高そうですが、ここにきて企画枠での出演もゼロではなくなってきました」(同)

加藤九段は、古坂大魔王からデビュー曲「ひふみんアイ」の楽曲提供を受け、YouTubeでミュージックビデオを公開したところ、大反響を呼んでいる。レジェンドは審査員になるのか、それともステージに上がることになるのか、注目を集めそうだ。

権利侵害申告はこちら