記事提供:しらべぇ

若い女性たちが「いいね!」欲しさに「インスタ映え」する写真を撮ることに躍起になっている昨今。

そんなブームに対し、コラムニストでタレントのマツコ・デラックスが10日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)にて堂々たる苦言を呈し、インターネット上で賞賛の声があがっている。

■食べ物を粗末にするインスタ女子の実態

同番組では、1度にケーキを60個も完食するという「スイーツファイター」の男性をプレゼンターとして迎え、全国の様々なスイーツバイキングを紹介。

その中で、プレゼンターが「スイーツバイキングの値段があがってきている」ことに触れた。その要因の1つに「インスタ映えブーム」があるのだという。

スイーツを山盛りお皿に持って「いいね!」を稼ごうとする、通称「インスタ女子」たち。

しかし、写真のために大量に皿に盛られたスイーツを食べきることができず、そのまま残してしまう客が急増。そのために、スイーツバイキングの値上げを余儀なくされているケースもあるのだそう。

■マツコ激怒「ブス!」

プレゼンターが明かした、食べ物を粗末にするインスタ女子の実態にマツコは激怒。

「なんでそんなやつらのために…。『ケーキバイキング来てまーす』っていうブスな女でしょ?」と怒りを露わにし「世間がこのインスタ映えブームに制裁を加えるべき」と、苦言を呈した。

さらにマツコは…、

「ブスにブスと言ってやるときが来ましたよ。かわいいインスタあげてもお前はブスだからな!地に足を着けて生きろブス!」

出典しらべぇ

と、カメラに向かって警鐘を鳴らすが如く言い放った。

■「スッキリした!」賞賛の声相次ぐ

「ブス」という表現を用いて、SNS投稿に夢中になりすぎている女性たちに苦言を呈したマツコ。そんなマツコの発言に、インターネット上では「スッキリした」といった賞賛の声が相次いでいる。

さらに、「食べ物を粗末にする」という点に関して、このような意見も多くの共感を得ている。

体型を気にするがあまり食べ残しをすることについても「食べ物を粗末にしている」ということを、今一度考えてみてほしい。

■「SNSでキラキラ演出」半数以上が不快感

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,342名を対象に「SNSでキラキラ女子を演出している人の気持がわからない」人の割合について調査したところ、「はい」と答えた人は全体で61.4%と過半数を超えた。

男女別で見てみても、どちらも過半数を上回っている。

「いいね!」欲しさにむきになったり、加工で別人レベルに変貌を遂げた自撮り写真を公開したりしている風潮に、何らかの違和感を感じている人は少なくないようだ。

しかしながら、いかなる理由であれ、食べ物を粗末にするなど言語道断だろう。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら