記事提供:Techinsight

同じ病院で2時間違いで誕生した2人が夫婦に。

運命の出会いというものがあるならば、このカップルがまさにそうだろう。27年前に米マサチューセッツ州トーントンの病院で同じ日に誕生した男女の赤ちゃんが、今年9月に結婚した。

『Inside Edition』『People』『CBS News』などが心温まるニュースを伝えている。

1990年4月28日の土曜日、マサチューセッツ州トーントンにあるモートン病院にて2時間違いで男児と女児が誕生した。当時の新聞によると、この病院でこの日に産まれたのはアーロン・バイロスさんとジェシカ・ゴメスさんの2人だけだったそうだ。

同日に産まれた2人だったが、育った場所は10歳まで別々だった。アーロンさんはトーントンで育ち、ジェシカさんはレインハムで暮らした後トーントンに引っ越してきた。

そして2007年、別々の高校に通っていた2人は共通の友人を通して出会い、すぐに交際に発展した。

「出会ってすぐ互いに一目惚れしたんです。彼は私を尊重し笑わせてくれて、他の人とは違うと感じました。それから同じ病院で産まれて、誕生日も同じと知った時には信じられない気持ちでした」とジェシカさんは話す。

アーロンさんに同じ誕生日だと告げられたジェシカさんだが、最初は「私の気を引こうとしてわざと冗談を言っているのでは」と思ったそうだ。

しかし運転免許取得の講習に参加した時、生年月日を証明しなければならずそれを互いに見せ合うと、アーロンさんの言っていることが真実だと分かった。互いの両親にそのことを言うと、2人の母親は出産した病院で挨拶を交わしたことを覚えていた。

2人が交際するようになってからは、毎年友人たちや家族と一緒に盛大なパーティを開いて一緒に誕生日を祝ってきた。そして2015年11月、アーロンさんはボストン・パブリック・ガーデンを散歩中にジェシカさんへプロポーズした。

実はこのプロポーズ、アーロンさんが友人や家族に公園に隠れているように頼んだロマンチックなサプライズであり、ジェシカさんは驚きながらも「イエス」と答えた。

今年9月9日、ジェシカさんの家族がこれまで4世代にわたり式を挙げたイースト・トーントンの「Holy Family Church」でアーロンさんとジェシカさんは晴れて夫婦となった。

ジェシカさんは「アーロンとはこれまでも素晴らしい日々をともに歩んで来ましたが、これからは夫婦として一緒に人生を歩んでいけます。私たちが結ばれたのは運命だと信じています。私たちのストーリーが世間のみなさんに笑顔をもたらすものであればいいなと思っています。それが今、世界が必要としているものでもあると思うから」と語っている。

なおイギリスでも1967年2月3日に同じ病院で産まれた男女が、50年の時を経て結婚したニュースが伝えられた。

権利侵害申告はこちら