2017年10月1日の午前3時頃。1828年、今から約200年前に建造された歴史ある中学校の校舎内で、驚愕のポルターガイスト現象が発生。これがあまりにも恐ろしすぎる!と現在、海外を中心に話題となっているので紹介したいと思います。

「THE SUN」や「DAILY MAIL」など大手メディアもこぞって伝えている…このポルターガイスト現象。撮影された場所は、ダブリンに次いで2番目に大きなアイルランドの都市・コークにある中学校「Deerpark CBS」。

なお、「不審な音」等、これまでにも幾度となくポルターガイスト現象が起きていたという「Deerpark CBS」ですが、これほどまでにはっきりと映像を捉えたのは今回が初なのだそうで、映像を確認した校長先生も思わず鳥肌が立ったとのこと。では、驚愕の光景…一緒に見ていきましょう!

深夜の学校で起こった…あまりにも不可解な現象とは?

コチラが午前3時に撮影されたという監視カメラ映像。

ちなみに、このカメラは人影を感知すると撮影が始まるという「モーションセンサーカメラ」だそうですが、ご覧の通り、人影はゼロ。一体、モーションセンサーカメラは何を感知して録画を始めたのでしょうか。

まず注目して欲しいのが、廊下奥にある扉。この扉が約12秒付近(動画開始から)で突然…

なぜか勢いよく開放!

しかし、その場には人影らしきものは一切、映り込んでいません。

そしてそれから約20秒後、今度は左側にある三連ロッカーの一番奥が、突然、前後に激しく揺れ始めます。

前に倒れ落ちそうなほどの激しい動き。

なぜに、三連ロッカーの一番奥だけなのか…。

謎が深まります。

さらに今度は奥の4連ロッカー。左から2列目、上から2段目の扉が突然開いたかと思うと…

中からノートやプリントなどが飛び出す事態に!

完全にドアが開いたロッカー。床にはノートや複数のプリントが!

あり得なすぎる…この光景。そして、極めつけは

画像中央下、掃除用の看板が

突如、誰かに蹴られたかのように倒壊!

画面から消失。一体、この場所で何が起こっているのでしょうか?

ちなみにこれまでにも廊下に、プリントやノートが散らばっている事があったそうなのですが、先生たちは生徒たちの悪戯だと思っていたとのこと。では、1分40秒の間に様々な現象が起こる…衝撃の映像。どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

校舎に誰かが侵入した痕跡は無し。事態を重く見た学校側はゴーストバスターに協力を要請!

あまりにも衝撃的するポルターガイスト現象。なお、この場所。学校内でも特に不可解な事が起きる事で有名な場所なのだそうで、この場所を通った人々が揃って寒気を感じたり、教師が連れてきた飼い犬が、頑なにこの場所を通ろうとしなかったりと、以前にも、この場所では、ミステリアスなエピソードが起きていたそうです。

今までに紹介した怪奇現象の中でも、最高峰と言っても過言ではない…この怪奇現象。

誰かの悪戯なのか。それとも本当に心霊現象なのか。

現在、事態を重く見た学校側はゴーストバスターに協力を要請しているとのことです。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら