瞬発力、敏捷性、反射神経といった能力を高めていくのに非常に効果的だと言われているトレーニング「ラダートレーニング」。サッカー選手をはじめ、バスケットボール選手、テニス選手、陸上選手など、多くのスポーツ選手が取り入れている事でもお馴染み、今やトップアスリートには欠かせないトレーニング法となっているわけですが…

そんな中、先日、アメリカのとあるスポーツトレーナーが自身のラダートレーニング風景をインスタグラムで公開。これが「とても人間業とは思えない!」「完全に限界を超えてる!」とネットを中心に話題沸騰!多くの人々の度肝を抜いていたので紹介したいと思います。

限界を突破した男・Luis Badillo Jr

サッカー界のスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドも絶賛する…この男性。彼が人間業とは思えない世界最速のフットワークを誇る男、Luis Badillo Jrさん。

なお、ラダートレーニングをよく知らない方の為に、動画を用意しましたが…

梯子(ラダー)やトレーニングハードルを床に置き、その上を様々なステップを繰り返しながら走り抜けるのが…このラダートレーニング。ちなみに↑の男性、この方もかなりの上級者。素晴らしい瞬発力、敏捷性を誇っていますが、Luisさんの動きは想像を遥かに超越するレベル。では、衝撃の一部始終、どうぞご覧下さい!

スゲェェェ (゚Д゚) ェェェエエエ!!!

コチラはインスタグラムで話題となっていたトレーニングハードルを使った練習風景。5秒間でなんと13往復。あまりにも早すぎて、残像が見える事態に。

純粋なるラダーを使ったトレーニングでも、常軌を逸したスピードを披露するLuisさん。これは世界中の人々が度肝を抜かれたというのも頷けますよね。

17歳までスポーツとは無縁の生活を送っていたというLuisさん。本格的にトレーニングを始めたのは23歳を過ぎてから。

今でこそ、多くのトップアスリートから支持されているLuisさんですが、17歳まではスポーツとは無縁の生活を送っていたという彼。きっかけは、友人に誘われて始めたという「フラッグフットボール」だそうで、始めてすぐにMVPを獲得。ここから本格的に体を鍛えようと思ったのだそう。

※フラッグフットボール → アメリカンフットボールで行われる「タックル」を、プレーヤーの腰の左右につけた「フラッグ」を取ることに置き換えて行われる、アメリカ発祥のスポーツ。

そして、トレーニングの魅力にどっぷりとハマっていったというLuisさんは、マイラダーやマイトレーニングハードルを購入。約3年間、毎日過酷なトレーニングを続けた結果、気付いたらマイアミで有名人になっていたのだとか。(笑)

瞬発力だけならウサイン・ボルトに並ぶ!?

コチラは、彼を一躍有名にした動画。ランニングマシーンで激走するLuisさん、そのスピード(最高速度)はなんと

23.9mph(時速38.4km)!

距離こそ短いものの、そのスピードは人類史上最速のスプリンター、ウサイン・ボルトに並ぶ速さ!凄すぎっ!

また、コチラはクリスティアーノ・ロナウドとの対決動画。クリロナも凄いのですが、Luisさんの速さはまるで異次元!クリロナが思わず笑ってしまうのもわかりますよね。(笑)

目にも止まらぬステップ。LuisさんReebokのCMにも出演!

白い紙の上で華麗なるステップを踏み、アートを完成させるLuisさん。

この俊敏性や機敏性…もはや芸術の域!

とある雑誌のインタビューに、トレーニングのコツは

「スピードアップとブレーキをひたすら速く繰り返す。そして、あらゆる方向に動くことだ!」

と語っていたLuisさん。ちなみにトップアスリートの皆さん、Luisさんのトレーニングを受けると次の日、ほとんどの選手が(筋肉痛で)動けなくなるそうです。(笑)

超遅咲きながら、トップアスリートに指導するまでに上り詰めたLuisさん。もし、何かのスポーツを幼少期から行っていたら、きっと、どんなジャンルでも、間違いなくトッププレイヤーになっていたに違いありませんね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら