記事提供:しらべぇ

9月30日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』で講師に暴行し逮捕された男子高校生が取り上げられた。ビートたけしの発言がネットで賛否両論を巻き起こしている。

■講師に暴力で高校生が逮捕

28日に福岡市内の私立高校で、男子生徒が授業で使用するために配布したタブレット端末で動画を視聴。男性講師が気が付き注意を促すと男子生徒は暴力をふるった。

その様子がSNSで拡散され、翌29日に事件が発覚。講師は警察の勧めで被害届を提出、男子生徒は傷害容疑で逮捕された。

この報道にビートたけしは…。

「教職課程に空手、柔道、合気道を取り入れた方がいい。生徒の暴力には暴力で対抗する強い先生も必要。俺らが中学の時は大学のレスリング部出身のとんでもない先生がいた。その先生が番長をボロクソにやった。それ以降、生徒は怖くて静かになった」

出典しらべぇ

と、過去の経験から時には体罰も必要だと意見を述べた。

■たけしの発言にネットでは賛否

ネットでは「ビートたけしよく言った」や「そもそも、暴力がおかしい」と賛否両論が巻き起こっている。

■教師から体罰を受けたことある?

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,348名に「学生時代の体罰」について調査したところ、「教師から体罰を受けた」と回答している世代で一番多いのは40~50代という結果に。

どの世代も男性が多いようだ。また、20代では1割台になっているなど、世代によって経験に差が出ている。

昨今、教師の体罰は問題になることが多い。それを知って無抵抗の先生に暴力をふるう生徒がいるのも現実だ。そのような生徒には、たけしが言うように多少の暴力はやむを得ないのかもしれない。

今後、体罰や生徒からの暴力などの問題で教師を志す若者が減らないことを願うばかりだ。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら