惜しまれながら2006年に廃線となった北海道ちほく高原鉄道「ふるさと銀河線」の廃線跡を利用して、鉄道保存展示施設として生まれ変わった「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」。ここでは、乗車体験や施設見学の他、なんと実際に利用していた線路を使って運転体験ができるんです。

出典 http://jrcstaff.sblo.jp

ふるさと銀河線で実際に営業運転されていた列車

出典 http://blog.h-takarajima.com

銀河鉄道999をラッピングした観光列車

運行内容

実際に体験できる運行内容はこちら。

【乗車体験銀河鉄道】
999をラッピングした観光列車にて駅構内を10分程度2往復乗車できる。

【トロッコ体験】
4人乗りの足こぎ自転車式トロッコにて駅構内(4番線を使用)を往復走行できる。

【運転体験Sコース】
駅構内を15分程度往復運転ができる。対象者は小学校高学年以上または身長130cm以上。

【運転体験Lコース】
駅構内500mをCR70・75型気動車を使用して約80分程度往復運転ができる。完全予約制。対象者は18歳以上。

【運転体験銀河コース】
北見方面の駅構外の本線上(金澤踏切 - 松浦踏切間、1.6km)をCR70・75型気動車を使用して約80分程度2往復運転できる。完全予約制。対象者はLコースを1回以上体験していること。

出典 http://ja.wikipedia.org

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

所要時間80分の「銀河コース」では、最初の40分間駅構内にて講習及び運転を受けた後、駅構外の車両に乗り換え、約1.6km間を2回往復運転することができます。コース内には停車駅もあり、実際に列車を停止させる難しさも味わえます。

乗車体験映像

乗車体験の様子はこちらからご覧いただけます。実際に使用していた列車を運転できるというのは、鉄道ファンでなくても興奮してしまいますよね。

出典 YouTube

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス