コスプレに初挑戦した頃の写真と、コスプレイヤーとしてキャリアを積み重ねた現在の写真を比較、ビフォーアフター形式で公開するハッシュタグ「#cosplayglowup(成長したコスプレ)」。これが「凄い!ここまで人は変われるのか…」「みんな努力をしているのね。私も頑張ろう!」と海外を中心に話題沸騰!多くの人々を魅了していたので紹介したいと思います。

こっ、これは「美少女戦士セーラームーン」の登場キャラクター、セーラージュピター(木野まこと)じゃないかっ!

まるで漫画やアニメから飛び出してきたかのようなハイクオリティコスプレイヤーたち。しかし、そんな彼ら、彼女らも、最初は全くの初心者。お店で売っているコスプレグッズを身に纏い、照れながら写真を撮るのが精一杯でした。

今回紹介する「#cosplayglowup」は、そんな彼ら、彼女らのビフォーアフターであり、言わば、コスプレイヤーとしての進化の歴史。では、「好きこそ物の上手なれ(好きな事にはおのずと熱中できるから上達が早い)」ということわざを証明するかのような、驚愕のビフォーアフター。どうぞお楽しみ下さい!

衣装はほとんどの方が手作り!

ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ「氷と炎の歌」を原作としたHBOのテレビドラマシリーズ「Game of Thrones(ゲーム・オブ・スローンズ)」の登場人物、デナーリス・ターガリエンになりきる女性。3年前は大手通販会社「Amazon」で似ている服を購入、コスプレを行ったそうですが、現在は全て手作り。ちなみに2017年のコスプレはゼルダ姫だそうです。

コチラの女性も最初の頃は、似た生地を購入し、衣装を作っていたそうなのですが、最近では素材感までもこだわるように。ワンダーウーマンのコルセットはヨガマットで作ったそうですよ。

ハイクオリティコスプレの鍵を握るのは○○○。

2012年にコスプレを始めたコチラの女性。当時、購入したカツラのクオリティが悪すぎて、イマイチ満足行く結果が得られなかったとのことで、そこからカツラのスタイリングを勉強。今では本物の髪の毛のような仕上がりにもっていけるようになったのだとか。

コチラの女性も「カツラを改善した事でクオリティがアップした!」と語っていた一人。カツラってハイクオリティのコスプレには欠かせないアイテムなんですね。知らなかった。

自分に合ったキャラを選ぶのもポイント!

2014年にはLeague of Legendsに登場するChampionの一人「jinx」に扮した女性ですが、3年後にはSF映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場する架空の人物、パドメ・アミダラに。ナイスチョイス!コスプレレベルも格段にアップ!

あとはとことんキャラになりきる!

バットマンの宿敵でありアメコミの代表的なスーパーヴィラン「ジョーカー」になりきる男性。2012年版はコスプレをやらされている感が否めませんが、2017年版は表情も豊かで確実に楽しんでいる様子。これは2020年版が見てみたい!

犬夜叉一筋!?

左は2009年、右は2017年に撮影。

格闘ゲーム「ストリートファイターII」で、不動の人気キャラとして君臨するリュウになりきる為に、肉体改造を行った男性。リュウへの熱き想い。十分に伝わりますよね。

コチラはまるで別人!凄い!

クオリティは上がってはいるものの、個人的には1993年のコスプレの方が好き。(笑)昔の方が味があっていいと思うのは私だけ?

皆さん、進化しすぎ!(笑)

大好きなキャラに対する愛、強い想いによって、驚きの進化を遂げたコスプレイヤーたち。その努力…本当に天晴れとしか言い様がありませんね。

まさに…好きこそ物の上手なれ。なお、ハッシュタグ「#cosplayglowup」には、他にも2000以上のビフォーアフター画像がアップされていますので、興味を持った方、魅了された方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら