ダレノガレ明美が埼玉県の猫虐待事件に不快感

8月、埼玉県に住む男性が大量の猫を虐待し、その一部始終を撮影、ネットに投稿していたという事件が報じられました。

虐待の内容は猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーで焼いたりという卑劣極まりないもので、男性は8月末に動物愛護法違反で逮捕されたものの、すでに保釈されています。

その事件に大変な不快感を示したのが、大の猫好きで知られるタレントのダレノガレ明美さん。

これまでに野良猫の保護を行ったり、猫の保護施設を支援するためのプロジェクトを立ち上げ120万円以上の協賛を得るなどしてきた彼女。

今回の事件には相当な不快感が募ったようで、その思いをツイッターに打ち明けました。

これまでにも動物愛護法違反での逮捕例は数十件あるものの、そのほとんどが懲役刑ではなく罰金刑で済まされていることにも疑問を呈した彼女。

これには
「ツィートありがとう」
ダレノガレさんのような影響力の強い方に発信してもらえて感謝です!!」
「立ち上がろうよ!こんなことして罰金とか。。」
といったコメントが数多く寄せられるなど、反響を呼んでいます。

飼い猫が虐待死していた過去を告白

続けて、かつて実家で飼っていた猫が何者かによって虐待され、死亡するという悲しい経験をしていたことを明かしました。

かけがえのない存在を無慈悲に奪われた過去があるからこそ、動物虐待を他人事とは思えないのでしょう。

大切な家族を奪われた怒りと悲しみは、未だに癒えることがないのだそうです。

今年春には野良猫を保護し、出産もサポート

今年4月には、偶然保護した野良猫が妊娠中だったと知り、出産にかかわる全てのサポートを行い、さらには生まれた子猫の里親探しもしていたダレノガレさん。

子猫のうち1匹は彼女自身が引き取り、現在すくすくと成長しているそうです。

本日、保護していた野良猫ちゃんが無事病院で赤ちゃんを出産いたしました!」

このほかにも、熊本地震の被災地にペット用品を寄付するなど、自身が率先して動物の保護活動を行うことで、啓蒙にも繋げています。

行動力ある彼女の影響により、今以上に動物愛護の認識が世に広まることを願ってやみません。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら