記事提供:ORICON NEWS

カズレーザーが異色肌ギャル男に?

お笑いコンビ・メイプル超合金カズレーザーが、異色肌ギャル“男”になった写真が公開された。

(左から)腸皺ミタ、須永ちえり、ひつじちゃん、miyako、ソノラマ、カズレーザー、ノグチユキ、美紅。

モデルやライターとしても活動するmiyakoがプロデュースするプロジェクト「異色肌ギャル」。

6月に東京・新宿歌舞伎町「蓮」にて撮影された写真が話題を呼び、先月30日に東京・六本木アートナイトで実施された、写真家・映画監督の蜷川実花氏が演出を務めた演目『TOKYO道中』にも出演。

いまや彼女たちの情報が出るたびにネットニュースやSNSがざわつくほど注目を浴びている。

異色肌ギャルのプロデューサーであり、モデルやライターとしても活動するmiyako。

そんな異色肌のギャル軍団にカズレーザーが“まざって”いる理由は?これは、4月にはじまり9月で終了した火曜深夜の番組『絶対!カズレーザー』(テレビ朝日)で放送されていた企画「LINEグループにまざってみた」の一つ。

一般人が普段使っているLINEグループに芸能人がまぜてもらい、そこにあるリアルな生態をのぞき見するというもの。

番組は終わってしまったが、同企画は『お願い!ランキング』(月~木 深0:50)内に移植され、4日深夜の放送回でカズレーザーが異色肌ギャル“男”になった真相が明らかになる。

権利侵害申告はこちら