記事提供:Techinsight

睨みをきかせる千原ジュニアと浜田雅功。

お笑いタレントの浜田雅功、千原ジュニアら総勢9名が3日、都内で開催されたAmazonオリジナルの新しいオリジナル・バラエティシリーズ『戦闘車』(10月6日配信スタート)の完成披露イベントに登壇した。

同作は、車好きで知られる芸能人たちが自ら各々の“戦闘車”に乗り込み、命がけでさまざまな試合に挑むデンジャーテイメント(デンジャー×エンターテイメント)。

車同士が激しくぶつかり合ったり、乗り上げるなどして高級車があっけなくボッコボコに。地上波ではコスト的にも内容的にも実現が難しいだろうチャレンジングな番組となっている。浜田はネット配信番組の今後についても言及した。

同作ではダウンタウン・浜田雅功率いる浜田軍と千原ジュニア率いるジュニア軍に分かれ、総勢18名が対戦する。

この日の完成披露イベントには、浜田軍の将軍・浜田雅功、浜田軍足軽の渚(尼神インター)、勝俣州和、千原せいじ、そして浜田の愛人の誠子(尼神インター)が、対するジュニア軍からは将軍・千原ジュニア、足軽の庄司智春(品川庄司)、藤本敏史(FUJIWARA)プロレスラーの武藤敬司が出席した。

Amazonオリジナル『戦闘車』完成披露イベントより。

イベントに登場するなり、互いを牽制し合った両軍の将軍・浜田とジュニア。浜田は出演者について「芸能界のガラクタを集めた。いつ死んでもいい奴」と言い放った。

千原せいじも「吉本はギャラで俺の命をいくらと換算しているか分かる」とまさに命がけだ。

庄司智春は「(敵の)車の前輪が僕の運転席に入ってきましたから。おかしいですよ!」と惨状を訴え、藤本敏史も「殺す気で来るんですから怖いですよ」とせいじにクレームを入れた。

浜田も「全員が『あっ、終わった』と思った空気になった」と現場のみんなが死傷者が出たと感じた瞬間があったことを示唆した。

イベント中に大笑いする浜田雅功。

一番の被害者は騙されて愛車で参戦した尼神インター・渚だ。収録の2か月前から「冠番組のために」と指示されて車を自腹で購入。

「わけ分からない山奥に車で行かされて買ったばかりの車がボッコボコ」と嘆いた渚。車は無残にも廃車となったが、「吉本ファイナンスでお金借りてローンで買った」とローンだけが残った。

渚は自身の車を破壊した敵・南明奈に「わざと車ぶつけられてブチ切れそうになって。なんで今日、来てないねん!次に会ったら背中思い切りどついてやる!」と息巻いた。

一方、相方の誠子は「私は1週間前に(車購入の真相を)聞かされた。渚は好きなヒョウ柄にカスタマイズしたりして…。あとでボッコボコになるのに、めちゃくちゃ楽しかった」と相方の不幸にほくそ笑んでいた。

愛車をボコボコにされた尼神インター・渚と相方・誠子。

他にも小沢仁志がなぜか手榴弾やバズーカ砲の武器を持ち出すという荒業も飛び出し、武藤も「普段のプロレス以上に頑張った」と胸を張った。

ジュニアは「エアバッグ出たらこんな匂いするんだと思った。(衣装の)鎧が重く感じなかった。アドレナリンがめちゃくちゃ出ていた」と相当な刺激的な現場だったようだ。

アドレナリンが出まくった千原ジュニア。

最後に同作がAmazonオリジナルに初出演となる浜田は、ネット配信番組について「この時代になって、これだけのお金を使うのは地上波ではなかなかできない。可能性はまだまだ山ほどあるんじゃないかな。人殺し以外何でもできる」と浜田らしい大胆発言で笑わせ、期待を寄せた。

なお『戦闘車』にはイベント登壇者の他にも、浜田軍には、岩橋良昌(プラス・マイナス)、小沢仁志、佐田正樹(バッドボーイズ)、山本圭壱(極楽とんぼ)、脇坂寿一、ジュニア軍には、板倉俊之(インパルス)、南明奈、原田龍二、松岡充、脇坂薫一が加わり、戦闘を繰り広げる。

自分の命の価格が気になる千原せいじ。

「まだ子供が小さい」と逃げ腰の藤本敏史。

ミュージシャン・松岡充と戦った勝俣州和。

大変な目に遭った庄司智春。

プロレスも中継して欲しいと武藤敬司。

権利侵害申告はこちら