記事提供:AbemaTIMES

希望の党の小池代表は2日夜、東京都内で記者団に対し、衆議院の過半数となる233人以上の候補者を擁立する考えを明らかにした。

この日、AbemaTV『AbemaPrime』に出演した舛添要一・前東京都知事は、今回の選挙について「安倍政権が倒れるかどうか。可能性はあるが、わからない」と話す。

衆院選への出馬を否定する自民党の小泉進次郎氏が「小池さんが衆議院選挙に出て戦ってくれた方が有権者の皆さんにとって一番わかりやすい。(二足のわらじについて)運動靴とヒールを履き分けてと言っているが、わかりやすくひとつの靴を履いて出てきてほしい。歓迎する」と述べるなど、小池代表の国政転身に焦点が集まっている。

当の本人は、マスコミ各社の個別インタビューで「出馬は100%ない」と国政進出を否定する発言をしているが、誰を首班指名するかという記者からの問いに「色々考えていきたい」と含みも残すなど、公示直前までその動向に目が離せない状況だ。

小池代表の意図について舛添氏は「今、どのテレビ・新聞を見ても、安倍と小池、どっちを総理に選ぶんですかという話になっている。国会議員にならなかったら総理になれないし、総理候補がいない党なんてありえない。“とにかく過半数以上の候補者を立てて政権を取るんだ”というスタンスを維持しないと政治生命を絶たれてしまう。だから、“私は最後まで出馬するというカードを捨ててませんよ”というメッセージだ」と話す。

その上で「今なら小池さんが安倍さんに勝つと思う。政策はよくわからないけど、“自民党も安倍さんも古臭いし、変えてみようかな”“豊洲でも凄いことやった、力もあるような感じがする”と。だから選挙に出たら100%総理になる。選挙に出たい人は山ほどいるんだから、候補者もあっという間に集まる。彼女が出れば希望の党はかなり行くと思うが、彼女が出なきゃ“絶望の党”になる」と分析した。

一方の自民党は北朝鮮への対応や、「自衛隊の明記」を含む憲法改正など6項目からなる政権公約を発表している。

舛添氏は「政策は希望の党もほとんど変わらない。私が思うに、選挙で勝たないにしろ、希望の党は自民党と連立政権かなと。水面下でこういう筋書きも考え始めているのでは」と予想。

「彼女は政策がどうとかよりも、その時の都合でやる人だから。政治家というのは、理由は何でもつけられる。いくらでも騙すことはできる。政治家とはそういうもの。私ぐらいが例外で正直すぎる(笑)」とした。

■“小池氏にとって、都知事は首相のための踏み台”

舛添氏は政治家としての小池代表の資質について「クールビズをやったり、思い切ったことを確かにやったし、勘も良い。メディアの使い方も上手。私と全く対極だ。ただ、都政についてはあまり評価しない。都政全体で何か先に進んだかというと、少なくとも私が知る限りそうは思わない」と断じ、痛烈に批判。

「小池さんは都知事としては終わったと思う。若狭さんは“今回出なくても次出る”と言ったが、その“次”はいつなのか。もしかしたら、1年後にまた解散総選挙があるかもしれない。

つまり、“次は出る”と言った瞬間に、そこで都政を投げ捨てますよ、都政をやる気はないと宣言したということ。

小池さんにとって、都政は首相ポストへのスプリング・ボード(踏み台)だ。豊洲とか、片付かない問題が山ほどあるので、早く投げ捨てたいのだ。そもそも私が大臣になった時期以降、大臣にもなっていない。国会に居ても、あれ以上の芽は出なかった。

そこで“舛添の野郎が都知事辞めやがったから”と出てきた。終わった人間が、チャンスを掴んで上に行こうと、首相を狙うための踏み台だったということ」。

そんな中、希望の党への合流をしないという決断を下した枝野幸男氏が、新党「立憲民主党」を旗揚げした。

これについて舛添氏は「希望の党の踏み絵を踏んでまで合流を希望する元民進党議員たちの目的は、絶対に落ちたくない、それだけ。猿は木から落ちても猿だが、政治家は落ちたらただの人だから。枝野さんは、小池さんに捨てられた。

だけど信念を通したことになると思うし、政策的に見ても首尾一貫している。やっぱり筋を通した人がいいじゃないか、と言って枝野さんのところに票がいく可能性もある。

だから、枝野新党ができたのは自民党に有利になると思っている人が多いが、逆だと思う。

自民党も希望の党も過半数を取れなかった場合、小池さんは自民党とも組むかもしれないし、立憲民主党などの連合体とも組むかもしれない。2つのカードを持っている」と分析した。

■今こそ中選挙区制の復活を

総選挙を目の前にした今回の政界の大混乱ぶりに、テレビ朝日政治部の足立直紀デスクは「今の衆議院の選挙制度が絶対に変えたほうがいい。政策はどうでもいいから、選挙区を変えてでも、党を変えてでも当選したいという人が増えてしまっている。

自民党にも“魔の二回生”のように、政権交代だから、民主党じゃないからというだけで受かってしまった人がいっぱいいる。やはり、日本には小選挙区制は向いていないと思う。

昔は党内での切磋琢磨、与野党でも競争があって、本当に優秀な人が選ばれて候補者になるという仕組みが働いていた」として、かつての中選挙区制に戻すことを提案した。

この意見に舛添氏も同意、「たとえば100票のうち、51票取らないと勝てない。だから票のため、風に乗るために何でも“つまみぐい”で言わないといけない。だから専門分野のない、ダメな政治家ばかりになってしまった。これが5人通る選挙区なら、20票ずつで良いから、たとえば“俺は農業では日本一の政治家だ”と言えるように勉強する。政党関係なく、“あの先生を落としたら日本の農業はダメになる”というような、本当の専門家の議員がいた。はっきり言うと、今の議員は勉強しない」と批判した。

(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら