記事提供:Techinsight

カズレーザーと奥井雅美。

ピン芸人・TAIGAの結婚披露宴が9月30日に行われた。彼が所属するサンミュージックやものまねショーパブ「そっくり館キサラ」時代の芸人仲間らが多数お祝いに駆けつけ、賑やかな宴となったようだ。

この披露宴に出席したシンガーソングライターの奥井雅美は、『奥井雅美 LoveLoveDragon ツイッター』でカズレーザー(メイプル超合金)とのツーショットを公開している。

彼女も彼と同じ赤色の洋服を着用しているのだが、会場では少数派だったようだ。カズレーザーはお祝いの席を意識してか、ネクタイだけ“白”を選んでいる。反対にお悔やみの席では彼がどんな服装をするのか、ちょっと気になるところだ。

また、キサラ時代の芸人仲間であるオードリーは、春日俊彰がゲスト全員を立会人として誓いを立てる「人前式」の牧師を、若林正恭は披露宴の司会を務めたという。

この日の深夜に放送されたラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』によると、春日に用意された牧師の衣装はロングワンピースのような形で彼はノーパンで臨んだそうだ。

「自分に緊張感を持たせるため」と明かした春日だが、式が無事終わり会場の外でエレベーターを待っているところで悲劇が起きた。

他の会場で行われていた結婚式に出席していた小学1~2年生くらいの男の子が春日の前に回り込み、スカートめくりのように衣装を捲り上げたのだ。裾がヘソの辺りまで上がってしまい、「ぎゃー!」と男の子は悲鳴を発したらしい。

「可哀想なことをした」と春日はいつも通り、落ち着き払ってこのエピソードを話していた。

権利侵害申告はこちら