記事提供:しらべぇ

先日、公開した「治安の悪いイメージの都道府県ランキング」の結果は、1位は大阪府、2位は東京都。2大都市が上位を独占していた。

ならば、「治安が良いイメージの都道府県」はどこなのか。全国の20代~60代の男女1,349名を対象に調査することに。結果をランキング形式で紹介する。

■第5位 長野県(3.9%)

第5位は長野県。

広大な山々に囲まれ、のどかな雰囲気が広がっている。そのため、怒る気を削がれそうなイメージを持たれているのだろう。

■第4位 沖縄県(5.1%)

4位は南国・沖縄県。

「治安の悪いイメージのある都道府県ランキング」で3位に入った同県だが、「良いイメージ」でも4位に。

沖縄県は「沖縄時間(うちなータイム)」と呼ばれる独特な緩い時間感覚があるといわれ、良くも悪くもノンビリ。そんな雰囲気が、治安の良いイメージに繋がっているのかも。

■第3位 東京都(6.2%)

3位はなんと東京都。

「治安の悪いイメージの都道府県」第2位だったのだが、治安の良さでも3位。どちらの面も併せ持ったイメージを持つ人が多いようだ。

他県に比べてセキュリティが充実した建物が多いことや、防犯意識の高い人が多いことなどが要因として考えられる。

■第2位 青森県(9.7%)

2位に入ったのは東北の雄・青森県。

広大な緑と海を併せ持ち、東北特有の譲り合い精神をもつ青森だけに、「犯罪」の匂いを感じる人が少ないのだろう。

■第1位 北海道(14.8%)

2位以下を大きく引き離しての1位は、北海道だ。

広大な面積と美味しい食べ物、長閑な田園地帯などが、凶悪犯罪などとは無縁な土地に思える要因なのかも。

北海道の圧勝で終わった「治安の良いイメージがある都道府県ランキング」。

もちろん、これはあくまでもイメージであり、犯罪に対する注意はどの都道府県に住んでいても必要だ。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月27日
対象:全国20代~60代の男女1,349名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら