「一晩中、苛立ちを押さえながら椅子に座っていたくはなかったので、代わりに幸せになってやろうと思ったの…」

乗り継ぎ便に運悪く乗り遅れ、空港で一晩を過ごすことになった女性が、深夜の空港でとった驚きの行動。これが「素敵!とってもナイスなアイデアね!」「実にアメリカらしい。感動したよ!」とネットを中心に話題沸騰!多くの人々を魅了していたので紹介したいと思います。

ただでさえ疲れる…飛行機の長距離移動。

そんな中、飛行機の乗り継ぎ便に乗り遅れ、シャーロット・ダグラス国際空港(アメリカ・ノースカロライナ州)で一夜を明かすことを余儀なくされた女性。それがコチラの…

Mahshid Mazoojiさん。

なお、乗り継ぎ便に乗り遅れた事を知った際(最終便を逃してしまった事を知った際)、怒りはMAX。自分の運の無さに強い憤りを感じたというMahshidさんですが

「どうせ朝まで待つのなら楽しまなきゃ損だわ!」

とすぐに考え方を改め、即実行!

ふと閃いたというアイデアで、最悪の夜を一転、最高の夜に変えたのでした!

空港スタッフも参加!深夜の空港でまさかのダンスパーティー!

ふと閃いたアイデアとは、みんなでダンスを踊ること。

まずは、「一晩中」をキーワードにダンスミュージックをチョイスしたMahshidさん。選んだ楽曲は、全米、全英、全豪のアルバム・チャートで1位を獲得。1985年の第27回グラミー賞で最優秀アルバム賞を受賞した、ライオネル・リッチーの「All Night Long」。そして、この音楽と共に、深夜の空港内にいた人々に「一緒に踊りませんか?」と声をかけたというMahshidさん。その結果…

ここはアメリカ!自由の国!

空港スタッフ…嫌がることなくノリノリ!最高の笑顔でMahshidさんの“ダンスパーティー”に参加!

日本なら絶対にあり得ない…この光景。

さすがアメリカ。本当に最高ですね。

Mahshidさん同様、最終便に乗り遅れたお客さんとも一緒にレッツ、ダンス!

彼女の行動によって、思わず笑顔になる乗客たち。きっと、コチラの方々も、最悪の夜が一転、最高の夜になったに違いありませんね。

スターバックスのスタッフやゲート職員、清掃スタッフなど、たくさんの空港スタッフとダンスを踊るMahshidさん。その中でも特にフィーリングが合ったのは、トランシーバーを握りしめた空港職員の男性。

そのダンスは…初めて会ったとは思えないほど息ピッタリ。(笑)

その後も

「入って大丈夫なの?」

といった感じの場所でダンスを踊るMahshidさん。

これだけ職員がノリノリなら、きっと大丈夫なのでしょうね。(笑)

Mahshidさんよりもセクシーに踊る空港スタッフ。これぞ自由の国アメリカ!

では、たった10日で200万回以上再生された「All Night Long at The Airport」。どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

アメリカ最高!

最後は抱き合って踊る二人。どれだけ息の合ったコンビだよっ!(笑)

最悪の一夜となりかねなかった窮地を、ポジティブな姿勢で、最高の一夜に変えたMahshidさん。SNSには

■素晴らしい。僕の国だったらありえないよ。
■空港スタッフたちの対応は本当に最高!これなら乗り遅れても安心ね。(笑)
■素敵な行動力。私ならきっと塞ぎ込んでいたと思う。
■考え方次第なのよね。楽しむも楽しまないのも。学ばせてもらったわ。

等、称賛の声がたくさん寄せられていました。

思わず笑顔になる…素敵な動画。なお、Mahshidさん。インタビューに

「たくさんの友達が出来たわ!踊ってくれて本当にありがとう!」

と感謝の言葉を述べていました!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら