10月を迎えいよいよ秋も本番を迎えつつありますが、毎年この時期になると多く聞かれるのが、くしゃみが止まらないというお悩み。

季節に合わせた快適生活術を届けてくださるメルマガ『鍼灸師・のぶ先生の「カラダ暦!」』では今回、東洋医学におけるくしゃみの役割や「注意を要するくしゃみ」の見分け方、そして日々の生活で簡単に実践できるその撃退法について記してくださっています。

ナゾ解き!東洋医学「秋の止まらないくしゃみのナゾ解き」

朝起きぬけや部屋を出るときに連発するくしゃみが止まらない人に。

【東洋医学なくしゃみの役割】

東洋医学ではくしゃみは「身震い」と考えます。カラダの表面にふれる嫌なもの、違和感を全身を震わせるようにして払いのけているわけです。

●くしゃみで払いのけたいものリスト

・カラダの冷え
・鼻やのどの粘膜のムズムズ違和感
・背中にさわる冷や冷やムズムズ感

カラダの冷え

くしゃみの身ぶるいは全身運動でおこなわれます。全身の筋肉を一瞬にして振るわせることで、体表の筋肉や血管の運動を活性化させて体温を高め、体温が体内から逃げないように毛穴をひきしめます

サラサラの鼻水を伴うくしゃみは背中の冷えが原因ですから、やせ我慢しないで一枚衣服を羽織るようにしましょう。

鼻やのどの粘膜のムズムズ違和感

鼻やのどの呼吸器粘膜が風邪やアレルギーなどで炎症をおこしていると粘膜が過敏になります。過敏な鼻やのどの粘膜は少しの空気の変化に対しても敏感に反応してくしゃみを発します。

眼鼻やのどの粘膜は空気に違和感やストレスを感じると、身の危険と認識して炎症をおこします。ストレスフルな対人関係やあわただしい空気の中で過ごしているだけでも、充分鼻やのどの粘膜の炎症がおこります。

嫌な人の前では咳やくしゃみなどの生理現象がおこりやすいです。そんな人の前に出るときには、事前にマスクの着用をおススメします。

背中にさわる冷や冷やムズムズ感

肩や背中はカラダのバリヤーです。カラダに侵入しようとする風邪を感じると、カラダは自浄作用としてくしゃみをして風邪の侵入をふせぎます。

【秋の止まらない連発するくしゃみ】

秋の涼しい空気は抵抗力の高まっていない肌から体温を奪い風邪を侵入させます。カラダの冷えや風邪の侵入を感じるカラダは、くしゃみを立て続けにすることで体温を一気に引き上げて血流をうながし、肌の抵抗力をたかめます

こうした秋の冷えを連日感じ続けることで、真冬にそなえる抵抗力と代謝の高まったカラダ作りをすませるわけです。

動物でいえば風通しのよい夏毛がぬけて、保温性の高い冬毛に生え換わるような秋本番のセレモニーですね。ひとは毛の生え換わりはありませんが、秋本番にはこんな数日続く連発するくしゃみが断続的に行われ毛穴が丈夫になります。

連日のくしゃみがおさまると、カラダは抵抗力と代謝力を冬モードまで高めた兆しです。

注意を要するくしゃみと防止法

【要注意な連発するくしゃみ】

鼻水や鼻づまりやのどの腫れが伴う連発するくしゃみは、風邪か季節性のアレルギー性鼻炎です。鼻やのどの粘膜が長期間炎症をおこし続けていると、抵抗力が落ちて冬にむかって風邪をひきやすくなります。

日中はマスク着用

起床時からマスクをつけて一日過ごします。とくに外出時や部屋を出るときなど空気が変わる時にはかならず鼻やのどを保護しましょう。温かい湿度の高い入浴時には、鼻でしっかり深呼吸をして鼻粘膜やのどの粘膜を潤して炎症を軽くする工夫をしましょう。

生姜はちみつ湯

ショウガのおろし汁とはちみつをお湯で割って、生姜はちみつ湯を朝晩飲むとよいです。ショウガはカラダを温めて炎症症状を軽くしてくれます。はちみつは鼻やのどの粘膜を保護し潤す働きがあります。

疲れや冷え
鼻やのどに痛みを感じるときにも飲むとよいです。

シナモンミルクティ

シナモンスティックやシナモンパウダーを使ったミルクティか、各種スパイスをブレンドしたチャイなどは、カラダに活力を与えて免疫力を高めてくれます。ミルクを加えることで長時間効果的にカラダを温める働きが持続します。

咳やくしゃみ症状が強く出るとき
におススメです。

大椎(だいつい)のお灸

アタマを前に倒して首のつけ根の一番出っ張る背骨の下に「大椎のツボ」をとります。くしゃみのよく出る抵抗力の高まらないときには、朝晩「大椎のお灸」をするとよいです。

眉間のお灸

鼻がつまる時、眉間の上下の圧痛のあるところをさがしておさえます。圧痛部をおさえて鼻詰まりが楽になるところへお灸をします。鼻がつまる度にお灸をすることで、鼻粘膜の炎症が楽になります。

※顔のお灸ですから熱いのを我慢して火傷しないように気をつけましょう。

権利侵害申告はこちら