朝ドラの主人公を好演した有村架純さん

NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」で主人公・みね子を演じていた有村架純さん。ドラマ最終回を直前に控えた9月29日、NHK朝の情報番組「あさイチ」にゲストとして登場しました。

茨城県から状況し、さまざまなトラブルも家族や周りの人たちに支えられて成長していく、ひとりの女の子の物語を描いた「ひよっこ」。「あさイチ」では、これまでの放送を振り返りながら、有村さん自身から撮影の裏側や他の出演者との交流について語られました。

「この演技は私にはマネできない!」と感じた共演者は?

生放送の番組内では、視聴者から寄せられたコメントや質問なども多数紹介されるのが、「あさイチ」の特色のひとつでもあります。その中で取り上げられた、視聴者からの質問「ひよっこ出演者の中で、この人の演技は私にはマネできないなーと思う人はいましたか?」に、有村さんが即答した共演者は…

これはもう、宗男さんですよね。

突発的に何かアクション起こすときに、覚えてないんですって。
(計算的にこう動こうとかじゃなくて)気づいたらそうしてた、みたいな。
意識はあると思うんですけど、自分がそのどうやったかっていうのを覚えてないって。

出典NHK「あさイチ」2017年9月29日より

あまりの即答に番組スタッフや番組MCからも笑いがおこった、この回答。番組MCの井ノ原さんも「芝居なのか何なのか、わかんないときあるもんね」「すごいですよね、パワフルで」と共感していました。

「ひよっこ」に登場した宗男さんって?

「宗男さん」と言えば、「ひよっこ」の主人公・みね子の叔父・小祝宗男さんのことです。ビートルズのようなマッシュルームカット、茨城時代はヒロインの家に野菜を持ってくる「あやしいおじさん」だった宗男さん。音楽を愛し、ビートルズの来日に合わせて状況してきてしまう、破天荒なキャラクターでした。

大きな声でよく笑う「変なおじさん」の姿が登場するだけで、ドラマの空気が変わってしまうような、とても存在感のある役どころです。有村さんの「私にはマネできない演技」という発言に、ネットでは

やっぱり、宗男おじさんだよなぁーーーー
そうだよね…宗男おじさんは突発的で真似できないよ…
宗男さんのあの演技が天然だったのか!
さすが野生の宗男さん

と納得の声が上がっていました。

本職は、数々の伝説をもつバンドマン

この破天荒なキャラクター・宗男を演じていたのは、峯田和伸さん

1996年にバンドGOING STEADYとして音楽活動を開始、熱すぎる青春パンクの楽曲は当時のロックを愛する若者たちに強く支持されていました。その後、人気絶頂の2003年にバンドは解散、バンド銀杏BOYZを結成し、現在は1人きりのメンバーとして音楽活動を続けています。

ライブにおける破天荒なパフォーマンで数々の伝説を残してきた峯田さん。TBSのニュース番組「NEWS23」に生出演してライブパフォーマンスをしたときにも、パンツ一丁で演奏を開始し、ラストには当時司会をしていた筑紫さんたちが座っているテーブルの上に立ち上がって熱唱するという驚きの行動が話題となりました。

2003年より俳優業をスタート。個性的な役どころが話題に

2003年に俳優業をスタートした峯田さん。デビュー作品は1990年代初頭のバンドムーブを描いた映画「アイデン&ティティ」です。中村獅童さん大森南朋さんが演じるバンドメンバーと音楽活動において衝突する主人公のギタリスト中島を演じていました。

その後も、音楽活動と並行して様々な映画に出演しています。しかし演じているのはAV男優、昭和のアイドルグループのメンバー、ライバル会社の人間に決闘を挑むサラリーマン…といった一癖あるキャラクターを演じることが多いようです。

NHKドラマでは難解な役どころを演じ、最優秀賞を受賞

これまでにもNHKでのドラマ出演は何度もあり、BSプレミアムで2016年に放送されたドラマ「奇跡の人」では主演・亀持を熱演。

視覚と聴覚に障害がありながらも、困難を乗り越えた社会活動家ヘレンケラーの物語をベースにしながら、現代日本を舞台にしたオリジナル作品となるこのドラマ。峯田さんは、視覚と聴覚に障害をもつ娘の母を演じる麻生久美子さんと恋の落ちる、仕事も恋愛にも不器用な男を演じていました。

深いテーマをもったこの作品での峯田さんの熱演は話題を呼び、ドラマは文化庁芸術祭賞、ATP賞を受賞しています。

今後も、俳優業での活躍は続く!?

メインは音楽活動の峯田さんですが、「ひよっこ」でお茶の間への知名度も急上昇し、今後も俳優活動は続いていくようです。10月14日にフジテレビにて放送される「世にも奇妙な物語'17秋の特別編」への出演が発表されています。

峯田さん演じる漫画家・山崎のもとに、吉岡里帆さん演じる臨時アシスタント・寺島ひなが現われることから始まるサイコスリラー作品。「吉岡里帆さん史上最も衝撃的な演技」と称されるこの作品で、峯田さんはどんな演技を披露するのか。「ひよっこ」とはまた違った魅力が見られそうです。

今後も、宗男さんこと峯田和伸から目が離せない!

音楽活動、俳優活動、両方で活躍を続ける峯田さん。朝ドラでの熱演から、業界での注目も高くなっているようですので、様々なオファーが届いているのではないでしょうか。次は、どんなパフォーマンを披露してくれるのか。これからも目が離せません。今後の活動に期待ですね!

この記事を書いたユーザー

みかん箱 このユーザーの他の記事を見る

へっぽこライターですが、文化的雪かきを目指して精進しています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 音楽
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら