記事提供:しらべぇ

30周年を記念して行われた、第15回『全日本国民的美少女コンテスト』。そこで、応募総数8万150名の中からグランプリを射止めたのが、13歳の中学2年生、井本彩花だ。

しらべぇ取材班は、京都出身、透明感あふれる美少女の素顔に迫った。

■コンテスト応募は「母のすすめ」で

小学生の頃から「女優になりたい」と夢見ていた、井本。コンテストに応募する背中を押してくれたのは、そんな気持ちを知る母だったという。

井本:小4の頃、武井咲さんが出ているAEONのテレビCMを見て、とても綺麗で笑顔が素敵だったので、「こんな女性になりたい!」と思いました。

でも、『国民的美少女コンテスト』のことは全然知らず、今年開催されることを知った母が、勧めてくれたんです。

出典しらべぇ

とはいえ、まさかグランプリに選ばれるとは思っていなかった母親は、「『びっくり!』って反応でした」と、中学生らしい笑顔を見せた。

■度胸を磨いたものは…

長い手足と、すらりとスレンダーな体型。小学1年生の頃から週何日も通ったバレエの賜物でもあろうが、バレエで鍛えられたのは、それだけではない。

井本:小さい頃、NHKの『おかあさんといっしょ』を見て、体操のお兄さんに合わせていつも踊っていたみたいなんです。「この子は踊るのが好きなのね」と思った母が、バレエを習わせてくれて。

バレエで舞台に立つことに慣れていたせいか、コンテストでは全然緊張しませんでした。会場で話し始めると、さらに緊張感がなくなっていく感じで。度胸は、かなり鍛えられたように思います。

出典しらべぇ

このインタビューについても、「緊張しないです(笑)」と、笑顔で語る井本。かわいらしい見た目の13歳ながら、堂々と落ち着いた話しぶりは、未来の大女優を予感させる。

■バレエはずっと続けたい

国民的美少女コンテストの予選・本選、さらに2回のバレエコンクールと、おそらく人生でいちばん忙しい夏休みを過ごした井本。さらに、国民的美少女として、厳しいレッスンや仕事がすでに始まっている。

井本:夏休みが忙しかったせいか、9月の定期テストは少し成績が落ちてしまったのですが、得意の数学だけは点数がそのままだったので嬉しかったです。

今は事務所のレッスンが始まり、友達と遊ぶ時間も少なくなって、バレエ教室に通える日も減りましたが、バレエと学業と芸能界のお仕事はちゃんとバランスよくやっていきたい。

高校からは東京の学校に通いたいと思っているのですが、バレエはずっと続けていきたいと思っています。

出典しらべぇ

■いちばん楽しいのは演技レッスン

レッスンは、演技、ウォーキングにダンスなどと女優、モデルなどさまざまな分野で活躍できるよう行われているが、中でも楽しいのは「演技レッスン」だという。

井本:いちばんキツいのはダンスで、ヒップホップ系なのでバレエとは全然違いますし、めっちゃ汗かきますね(笑)

演技のレッスンは、とっても楽しいです。発声練習をするようになって、普段からお腹から声を出すよう意識しています。毎日寝る前に、腹式呼吸のトレーニングも始めました。

台本も、ただセリフを読むんじゃなくて、感情を込めてその人になりきって演じられるよう気をつけています。

出典しらべぇ

■「学園ドラマ」を演じてみたい

演技の勉強を楽しんでいる彼女は、どんなドラマに興味があるのだろうか。

井本:最近のドラマだと、米倉涼子さんの『ドクターX』シリーズとか、武井咲さんが主演された『黒革の手帖』が印象に残ってます。新幹線の行き帰りの時間があるので、何度もDVD見てますね(笑)

自分が出演するなら、今の年齢が活きる「学園もの」に出てみたいです。私、実際はクラスで目立たないタイプで、仲良し3人組でいつも一緒にいるのですが、ドラマでやるならめっちゃ元気な女の子役。

「わちゃわちゃしてます!」みたいな子を演じてみたいです。

出典しらべぇ

■国民的美少女としての活動もスタート

厳しい中に楽しさもあるトレーニングだが、京都から東京に通うのは、中学生の体力ではキツいときもあるだろう。

井本:新幹線の中では疲れているときもあるのですが、公式ブログへのコメントで元気をもらったりしています。ブログのネタに困ったときは、ファンの方に質問してみたり。反応していただけるのが嬉しいです。

出典しらべぇ

すでに先輩の吉本実憂とともに『ガラスの仮面展』のオープニングイベントに出演するなど、国民的美少女としての活動がスタートしている井本。

「これからどんどん努力して頑張っていくので、応援よろしくお願いします!」と、初々しくもきっぱりと決意を語った。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら