記事提供:Entame Plex

9月21日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで『極楽とんぼ KAKERU TV』が放送された。

この日は『山本の情熱にカケル』と題し、極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱、お笑いトリオ・パンサーの向井慧の3人が、本音で話し合いながら、山本が1週間の地上波テレビ番組の中から、出演したいと思う番組を発表した。

山本がまず挙げた番組は『情熱大陸』。加藤は「のっけから一番難しいところを…」と早くも困惑した表情になり、視聴者からも「無理だよ!」とのコメントが殺到。

続いて山本は「キャストがほぼ同期で、出演しやすい」との理由で、『しゃべくり007』を挙げ、山本1人ではなく、加藤と一緒に“極楽とんぼ”として出演したいと告白。

加藤は、若手だった頃に1泊2日のお笑いツアーに行った話や、『ボキャブラ天国』に出演して、スベってしまった話を振り返り、「(ダジャレは)得意じゃないし、苦手なものはもうやらなくて良いんじゃないか、辞めよう」と、当時の苦い思い出を明かした。

山本が1番出演したいと挙げたのは、『徹子の部屋』。

山本はその理由について、「田舎の人も、みんな見ている」「徹子さんと一緒にお仕事するまでになったんだ!と思わせたい」と明かした。

出演経験があるという加藤は、出演当時のエピソードを振り返り、「『徹子の部屋』は、いろいろな番組に出始めて、活躍して、やっと呼んでもらえる番組だからね」と、今の山本はまだ出演することは難しいと伝え、視聴者からも「無理でしょ」とのコメントが多数寄せられた。

(C)AbemaTV

権利侵害申告はこちら