記事提供:gooランキング

「毎朝欠かさずに見ている」という人も多いNHK連続テレビ小説。

現在放送中の『ひよっこ』も人気を集めていますね。綾野剛、ディーン・フジオカ、波瑠、鈴木亮平など、“朝ドラ”がきっかけでブレイクする俳優も少なくありません。

そして意外な人が出演することで話題を呼ぶことも。

そこで今回は、実は朝ドラ出演経験がある意外な有名人について探ってみました。

1位 ラモス瑠偉
2位 さかなクン
3位 武豊

4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「ラモス瑠偉」!

元サッカー選手であり、現在はサッカー指導者や解説者として活躍しているラモス瑠偉。日本代表の名プレイヤーと称されたスター選手でした。

現役引退後はスポーツ番組やバラエティ番組に出演することもあり、熱く厳しいキャラクターで人気を集めています。

そんな彼も実は朝ドラ出演経験があります。2002年度上半期に放送された『さくら』にて、豆腐料理店“〈俺〉鳴門(れおなるど)”のブラジル人の主人・レオナルド役を熱演。

テレビで見かける機会は多いものの、俳優にチャレンジしていたことを知らなかった人が多く、1位となりました。

2位は「さかなクン」!

「ギョギョギョ」のフレーズで人気を集める魚類学者で、タレントのさかなクン。魚に関する豊富な知識を持ち、各地で講演会を開催。2006年には東京海洋大学客員准教授に就任、2015年には東京海洋大学から名誉博士の称号が授与されました。

そんなさかなクンも朝ドラ出演経験者。2013年度上半期に放送された『あまちゃん』にゲスト出演し、本人役で登場しています。「ギョギョギョ」と「じぇじぇじぇ」の共演ということで、当時かなり話題になりました。

3位は「武豊」!

誰もが知る日本中央競馬会の人気騎手であり、JRA歴代最多勝記録や歴代最多騎乗数記録を保持する実力者。そんな演技とは無縁のように思える武豊は、2005年に放送された『ファイト』にて、本人役で出演。

物語のカギを握る馬のサイゴウジョンコの騎手役を演じ、ニュースで多数取り上げられました。

このように、普段俳優として活動しているイメージが全くない人が上位にランク・インする結果となりました。気になる4位~47位のランキング結果もぜひご覧ください。

意外な人がキャスティングされるのも、また朝ドラの醍醐味。10月からスタートする『わろてんか』も今から楽しみですね。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)

調査期間:2017年8月24日~2017年8月30日

権利侵害申告はこちら