記事提供:Techinsight

“恋愛禁止”とされるAKB48。

NMB48メンバーだった須藤凜々花が、『第9回AKB48選抜総選挙』の開票発表会場で「結婚します」と発表して世間を驚かせたことは記憶に新しい。AKB48グループには“恋愛禁止”のルールがあるとされ「結婚」もそれに該当するからだ。

須藤凜々花は8月6日のコンサートで「結婚宣言」について謝罪、8月30日に開催された卒業公演をもってNMB48の活動を終えた。

AKB48グループの総合プロデューサーである秋元康は以前、“恋愛禁止”について「そのようなことを言った覚えはない」という趣旨を話したことがある。

一方で当時AKB48グループ総監督だった高橋みなみは「恋愛禁止はアイドルとして必要だ」と持論を語っていた。

そうした経緯から“恋愛禁止”は暗黙のルールかと思われたが、9月9日深夜に放送されたバラエティ番組『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京)に宮澤佐江がゲスト出演して須藤の「結婚宣言」の話題となった。

宮澤は「うち(AKB)は契約書に恋愛禁止、恋愛しちゃダメとある。(相手が)男の人も女の人もダメと書いているので、そこは契約を守らなければ」と指摘する。

MCの松岡昌宏(TOKIO)はそれを聞いて「俺たちはそういうのはなかった」と口にしており、ジャニーズ事務所では契約の際に“恋愛禁止”は含まれていないようだ。

そんななか9月15日放送のバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、ゲストの板野友美がAKB48時代の恋愛事情について聞かれ「好きになるのはダメではなく、触らなかったらいい」「勝手に思うのはいい」と話した。

他のAKB48メンバーからも「片想いはOK」と聞くが、それと同じである。

現役メンバーではSKE48の須田亜香里が7月13日の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で須藤の「結婚宣言」を受けて「26歳になるけど、本当に8年間彼氏がいたことも恋愛も何もない。なんか損した気分になる」と告白、「アイドルは“恋愛禁止”というが、裏でしているんだろう」と思われるのが悔しいと訴えた。

指原莉乃峯岸みなみはスキャンダル報道されながら現役として活躍しているが、一方ではスキャンダルをきっかけにグループを卒業したメンバーもいるのだ。

いろいろなケースがあるなかメンバーやファンのなかで“恋愛禁止”への「もやもや」が溜まっているのではないか。

かと思えばTOKIO松岡が言うようにジャニーズの場合は恋愛禁止どころか、結婚して子どもが生まれれば祝福される。

家庭では妻の方が夫より強かったり、女性が男性に愛を告白するケースも増えている今の時代に女性アイドルだけ“恋愛禁止”というのは時代遅れなのかもしれない。

権利侵害申告はこちら