先日、埼玉・群馬両県などで店舗展開していた惣菜店「でりしゃす」で購入した惣菜を食べた客が腸管出血性大腸菌O-157に感染し、幼児1名が死亡した集団食中毒が大きな話題となりました。

メルマガ『メグ先生の森の診療所』の著者で現役医師の宮田恵さんは「腸管を丈夫にするための食生活が大切」とし、おすすめの食材など、私たちができる「O-157から身を守る方法」を紹介しています。

O-157感染症

O-157腸管出血性大腸菌の代表的な細菌です。

大腸菌のほとんどは無害ですが、なかには下痢を起こすものがあり「病原性大腸菌」と呼ばれています。

病原性大腸菌には4種あり、うち腸管出血性大腸菌(ベロ毒素産生性大腸菌)はベロ毒素というものを出して、溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症(けいれんや意識障害)を起こします。まれに死亡例もみられます。

O-157
は家畜などの糞便中にときどき見られ、糞便や糞便で汚染された水、食物を介して、人の口に入りO-157感染症を起こします。

O-157の感染力は非常に強く、100個程度のO-157が身体の中に入っただけでも、病気を起こしてしまいます(多くの食中毒では、100万個以上の菌が身体の中に入らないと食中毒は起こりません)。

8月のお惣菜店の食材を食べて発症した(と推測される)例のほか、焼き肉店での感染、さらに漬物でも食中毒例がみられています。

O-157の生存条件・増殖条件

・水の中、土の中で数週間~数ヵ月間生きています。

低温に強く、冷凍庫内でも生きています。

酸性に強く、口から入ったO-157の大部分は胃の酸にも負けずに生き残ります。

熱には弱く、75℃で1分間の加熱で死んでしまいます。

・増殖は、温かく栄養分と水分のあるところで盛んになります。清潔乾燥低温を保つことで増殖を抑えることができます。

・身体の中では大腸で増殖します。

今回のお惣菜店の件で注目してほしい点

1. 1次加工、2次加工、など調理する場所や時間が複雑になっている。

2. それぞれの加工場所での衛生マニュアルは徹底していた。

3. しかし、販売の現場で、客がトングでそれぞれ取り分けて購入するしくみ。客の側には手洗いなどの義務はなかった。

お惣菜、お弁当売り場は年々規模が大きくなっています。子供の腸管は未熟なので重症例や死亡例も子供でのケースが多いようですので、普段から腸管を丈夫にするための努力は重要です。

では一体どうすれば?

腸上皮(バリア機構)を丈夫にすること、これが一番です。

やはり日本型食生活です。ヨーグルトを食べれば良い、などと思ってはいけません。食事パターンで腸内フローラの傾向が変わってきます

腸内細菌の代謝産物が腸管バリア機構をよくも悪くもします。発酵食品の発酵菌の菌体成分は腸管免疫細胞に信号を送ります。(つづく)

※メルマガ『メグ先生の森の診療所』より一部抜粋

権利侵害申告はこちら